2007年05月28日

日高幹線・勇払線共架&遠浅線・港南線共架

今日は、「南早来変電所」近辺の鉄塔の中から…。

「日高幹線226号・勇払線47号共架鉄塔」。
「遠浅線35号・港南線12号共架鉄塔」。


左の「紅白鉄塔」が「日高幹線226号・勇払線47号共架鉄塔」。
右が「遠浅線35号・港南線12号共架鉄塔」。
P1130140.JPG

上の「日高幹線」は、日高地方「岩清水開閉所」-「南早来変電所」を結ぶ187kv路線です。
写真では「2回線」に見えるが実は「1回線」路線です。
向かって上左側が「岩清水開閉所」から来る路線です。
向かって上右側が「南早来変電所」-「苫小牧変電所」へ向かう路線だったが、
この区間は残念ながら2005年に廃線となっています。
(途中「道央道苫小牧東IC」の上を経由して再び道央道をまたいで苫小牧変に向かう路線だった。)
なお、廃線跡地の一部区間は、2005年11月開通の「道央南幹線」に再利用されている。

下の「勇払線」は、「苫小牧火力線」同様「苫小牧共同火力発電所」から発電され、
「南早来変電所」へ向かう187kv路線です。

一方「遠浅線」(上側)&「港南線」(下側)は、ともに66kv路線で「南早来変電所」につながっているが、
どこの変電所にたどり着くかはわかりません…(汗)。ごめんなさい…。

「日高幹線226号・勇払線47号共架鉄塔」作業員向け標識。
P1130141.JPG
「日高幹線226号」銘板…。
P1130142.JPG
「日高幹線226号・勇払線47号」銘板…。
P1130143.JPG
「日高幹線226号・勇払線47号共架鉄塔」結界…。
P1130144.JPG
「遠浅線35号・港南線12号共架鉄塔」作業員向け標識。
P1130145.JPG
「遠浅線35号」銘板…。
P1130146.JPG
「港南線12号」銘板…。
P1130147.JPG
「遠浅線35号・港南線12号共架鉄塔」結界…。
P1130148.JPG


2007年05月27日

札幌連絡線20号

続いては「澄川線」追跡のついでに追跡した「札幌連絡線」から…。
「札幌連絡線20号」。
P1130233.JPG
この鉄塔は「望月寒川」沿いの遊歩道上に建っており、
「根元」のコンクリート柱が非常に高いのが特徴です。
「遊歩道」は鉄塔の中をくぐる形となるので、
「結界」撮影は容易にできます。

「銘板」…。(高いところについているのでうまく撮れない…(汗)。)
P1130234.JPG
「結界」…。
P1130235.JPG

「札幌連絡線」を追跡していくと、とんでもない光景が…(@_@)。
P1130236.JPG
P1130237.JPG
P1130238.JPG
何と送電線の真下に「住宅」(アパート)や
「教会」が建っているのです…(@_@)。


普通は送電線を避けるように建てられるのだが、「送電線の真下」とは驚いた…(@_@)。
もし電線が切れたりしたらと思うとゾッとしてしまいます(滝汗)。
(このようなケースは他に手稲や岩見沢でも見かけた…。両地区とも「店舗」です。)
電気関係や建築関係の法律で「送電線の真下」では
建造物は建てられないと思うのだが…。

鉄塔ママさんの地区ではこのようなケースは見かけるのでしょうか?
他の地区も含めてすごく気になります…。

豊平川近辺の澄川線

しばらく多忙で更新できなかったが…(^^;。

今日は豊平川近辺・白石区菊水本町地区の「澄川線」から…。

「澄川線11-1号」。
P1130224.JPG
「環状線」カーブの地点から北西寄りに建ってます。
南方向へ向けたこの次の12号から30号まで「美化鉄柱」となります。
この鉄塔は11号と12号の間に追加で建てられ「枝番」となったようです。

「銘板」…。
P1130225.JPG
「結界」撮ろうと思ったが、根元には花壇などが植えられて、
入ることはできなかった(^^;。せっかくの「柵無し」だったのに…(汗)。

続いては「某スーパー」駐車場敷地に建つ、
「澄川線11号」。
P1130226.JPG
こちらも「美化鉄柱」となっています。

「銘板」…。
P1130227.JPG

「澄川線10-1号」。
P1130228.JPG
こちらは住宅街の中に建つ鉄塔です。
10号と11号の間に建てられ「枝番」になっています。

「銘板」…。
P1130229.JPG
「結界」…。
P1130230.JPG

「澄川線10号」。
P1130231.JPG
少し珍しい形をしているが、公園内に建っており残念ながら「柵付き」です…(^^;。

「銘板」…。
P1130232.JPG

2007年05月23日

定山渓・豊平川近くの錦橋線13号

今日は定山渓地区に供給している「錦橋線」から…。

「錦橋線13号」。
P1130053.JPG
「錦橋線」は、定山渓温泉街の電気の重要な要の一つで、
「豊平峡発電所」-「錦橋変電所」間を結ぶ短い区間の66kv路線です。
最初は鉄塔だが、国道230号白糸トンネル付近から鉄柱に変わり、
途中の「13号」のみ鉄塔で、後は再び鉄柱となります。

「錦橋変電所」には、定山渓ダムから発電された「66kv小樽内線」も
受電しているほか、今は廃坑となった「豊羽鉱山」へ結ぶ
「豊羽線」(豊羽鉱山所有)にも送電しています。

銘板…。
P1130052.JPG
結界…。
P1130051.JPG

2007年05月20日

札幌連絡線8号

続いては札幌市内の鉄塔ということで…。
「札幌連絡線8号」。
P1130056.JPG

「札幌連絡線」は、「南札幌変電所」-「苗穂変電所」を結ぶ66kv路線です。
豊平川を渡って東区内に入ったところの国道275号沿いの鉄塔から、
「澄川線」と共架となります。
鉄塔ママさんには、12号・14号の画像を送り掲載済み。
(当初ママさんには「苗穂北変電所」と教えたが、
後日ほくでんHPやネットなどで調査したところ、
「苗穂変電所」が正しい変電所名でした^^;。
「西当別変電所」からの187kv路線「苗穂北線」というのが存在したため、
ぼくはずっと「苗穂北変電所」と思っていました。)

銘板…。
P1130054.JPG
結界…。
P1130055.JPG

海を渡る苫小牧火力線

今日は珍しい「海を渡る送電線・苫小牧火力線」ということで…。

「苫小牧火力線11号」
P1130205.JPG
「苫小牧火力線」は、苫小牧港にある「苫小牧共同火力発電所」から
「海」を渡って「苫小牧変電所」にたどり着く187kv路線です。

「苫小牧共同火力発電所」は、「北海道パワーエンジニアリング社」が所有、管理し、
「ほくでん」から「苫小牧火力発電所1号機」の運転委託を受けて運用されています。

参考情報:http://www.hpec.jp/powerplant.html

ちなみに同発電所は、「南早来変電所」へ至る「187kv勇払線」にも送電されています。

この「11号鉄塔」は、「海を渡る送電線」が、
「船舶」などにはっきりとわかるように、
対岸の「10号鉄塔」と共に「非常に高い紅白鉄塔」となっています。
(昨年「東電管轄内」で某社クレーン船が275kv送電線を引っ掛けて
首都圏をマヒさせた「関東大停電事件」があって、東電から
巨額の損害賠償が請求された事例があるだけに、このような事故の
無いよう海面から送電線の間が通常より非常に高くなっている。)

銘板…。
(高いところについていてうまく撮れなかった…(汗)。)
P1130206.JPG
紅白のコントラストがなんともいえない美しい「結界」…(*^^*)。
P1130207.JPG
対岸の「10号鉄塔」。
P1130208.JPG
目の前には「苫小牧港」が…。
P1130209.JPG

続いては、「国道36号」交差点付近にある、
「苫小牧火力線20号」・「苫小牧線47号」。

併走している「苫小牧線」は、(たぶん)「苫小牧変電所」から
「勇払変電所」へ至る66kv路線です。

左が「苫小牧線47号」、右が「苫小牧火力線20号」。
P1130198.JPG
「苫小牧火力線20号」銘板…。
P1130199.JPG
「苫小牧火力線20号」結界3連発(笑)…。
P1130200.JPG
P1130201.JPG
P1130202.JPG
「苫小牧線47号」銘板…。
P1130203.JPG
「苫小牧線47号」結界…。
P1130204.JPG
posted by くにさん at 06:40| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

道央南幹線・双葉幹線・室蘭東幹線3つ並び

今日は苫小牧市錦岡から道道141号(支笏湖方面の国道276号へ通じる道道)から
高速道・道央道苫小牧西ICから支笏湖方面へ進んだところの
山の上に建ってる鉄塔…。

「道央南幹線96号」
「双葉幹線35号」
「室蘭東幹線35号」


今回初登場の「双葉幹線」と「室蘭東幹線」。
いずれも187kv路線で「苫小牧変電所」を起点とし、
前者は「道央南幹線」と併走しながら喜茂別町「双葉変電所」へつながり、
後者は登別温泉近くを通り、室蘭方面の変電所へつながっています。

迫力満点の「幹線3つ並び」!!
左が「道央南幹線96号」、中が「双葉幹線35号」、右が「室蘭東幹線35号」。
P1130210.JPG
「道央南幹線96号」銘板…。
P1130211.JPG
「道央南幹線96号」結界…。
P1130212.JPG
「双葉幹線35号」銘板…。
P1130213.JPG
「双葉幹線35号」結界…。
P1130214.JPG
「室蘭東幹線35号」銘板…。
(高い所についていてうまく撮れなかったが…(汗)。
この鉄塔は昭和32年(1957年)に建てられた古い鉄塔の一つ。)
P1130215.JPG
「室蘭東幹線35号」結界…。
P1130216.JPG
「道央南幹線96号・双葉幹線35号・室蘭東幹線35号」から苫小牧方向へ通じる鉄塔を見渡す。
道央南は97号から老番、双葉・室蘭東は34号から若番へ…。
P1130217.JPG
「道央南幹線96号・双葉幹線35号・室蘭東幹線35号」から白老方向へ通じる鉄塔を見渡す。
道央南は95号から若番へ向かう…。
双葉・室蘭東は一旦下がって、道道沿いの各36号鉄塔を通って、
再び山の上の37号鉄塔から老番方向へと消えていく…。
P1130218.JPG

「双葉幹線36号」・「室蘭東幹線36号」

左が「双葉幹線36号」、右が「室蘭東幹線36号」。
P1130223.JPG
「双葉幹線36号」銘板…。
P1130219.JPG
「双葉幹線36号」結界…。
P1130220.JPG
「室蘭東幹線36号」銘板…。
P1130221.JPG
「室蘭東幹線36号」結界…。
P1130222.JPG

なお、「山の中」での「鉄塔探索」には、
絶対に「熊避け対策」は必要です!!
熊避け用の「鈴」や「笛」(できれば「熊避けスプレーも」)などを
必ず装着の事…。
熊の兆候(糞が落ちてる、足跡があるなど)があった場合は、
直ちに探索を中止のうえすぐに引き返す事。
現地では絶対にごみを捨てない、散らかさないで必ず持ち帰ること。
「山」での「鉄塔探索」は正直「命がけ」なので十分注意すること。
posted by くにさん at 21:00| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

豊平峡線9号

今日は南区簾舞(みすまい)地区に建ってる、
「豊平峡線9号」。
P1130044.JPG
「豊平峡(ほうへいきょう)線」は、「豊平峡発電所」から
藤野方面の変電所に向かう66kv路線です。
老番から若番方向へ電気が流れているようです。
ほとんど山岳地帯を通るため、追跡困難な路線の1つです。

以前は「豊滝市民の森」地区から分岐して、
豊平峡ダムを越えて国道230号定山渓トンネルの上を通り、
中山峠を経由して「喜茂別町留産変電所」へ通じる
1回線路線もあったがすでに廃線となってるようです。
(「GSIウォっちず」にはまだ該当路線が残されている。)

この「9号鉄塔」は、簾舞地区の住宅街からやや離れたところにあります。

別の角度から…。
P1130045.JPG
銘板…。
P1130046.JPG
結界…。
P1130047.JPG

2007年05月14日

澄川線30号と美園変電所

今日は「美園変電所」に供給している鉄塔、
「澄川線30号」。
P1130166.JPG
この鉄塔は、すぐ近くの「美園変電所」に運ばれています。
電線から電気が鉄塔上の機器を通り、
そこから鉄柱内部の高圧ケーブルを通じて
「地中線」に入ってそのまま変電所に流れていきます。

銘板…。
P1130168.JPG
この位置に「地中線」が埋まっています。
P1130169.JPG
根元には「リンゴマーク」も…(*^^*)。
P1130167.JPG

「30号」標識と「リンゴマーク」。
P1130171.JPG
右上の戸は作業員用で、恐らくこの中にケーブルがあると思われます。
なお、「リンゴマーク」入り鉄塔は、
この「30号」と「28号」(鉄塔ママさんHPで掲載済み)の2基のみです。

「澄川線」の下ですくすく育つ「りんごの木」…。
P1130170.JPG
すぐ近くの「美園変電所」。
P1130164.JPG
P1130165.JPG
機器類は完全に屋内に取り込まれているため、
「変電所」の看板が無ければ、
一般の「倉庫」とかしか見えないでしょう…。

2007年05月10日

藤野線30号

今日は札幌市南区白川地区に建ってる「藤野線」の中から…。
「藤野線30号」
P1130040.JPG
「藤野線」は、藻岩発電所を起点に南区藤野方面の変電所へ
供給される66kv路線です。
終点近くで「豊平峡(ほうへいきょう)線」と共架となります。
すぐ近くには、「札幌の水がめ」ともいえる「白川浄水場」があり、
「藤野線」は、この「白川浄水場」の上を通ります。

銘板。元からあった路線だが、この鉄塔は1988年に立て替えられたもの。
P1130041.JPG
結界…。
P1130042.JPG

2007年05月09日

澄川線29号

今日紹介するのは、苗穂変電所-澄川開閉所間を結ぶ「澄川線」から、
「澄川線29号」。
P1130161.JPG
「澄川線」は66kv路線で、13〜30号鉄塔(美化鉄柱)までが「環状線」の中央分離帯上に建ってます。
昔は1回線のみの鉄塔だったが、後に2回線に増強。
1987年に今の「美化鉄柱」に建て替えられています。
鉄塔ママさんには27号、28号、豊平区役所前31号の画像を送り、掲載済み。
この「澄川線29号」は、地下鉄東豊線美園駅前にあります。
27〜30号鉄塔区間の真下には、名物「リンゴ並木」があります。

「29号」の標識。
P1130162.JPG
銘板…。
P1130163.JPG

2007年05月07日

月寒線1号

今日は南札幌変電所から出ている短路線の「月寒線」から…。
「月寒線1号」
P1130068.JPG
「月寒線」は「南札幌変電所」-「月寒変電所」間を結ぶ66kv路線で、
鉄塔数はわずか5基という短路線です。

「銘板」です。高いところについているためうまく撮れませんでした(汗)。
P1130067.JPG
P1130066.JPG
もちろん「結界」も…(*^^*)。
P1130065.JPG

ついでに撮った鉄塔写真…。
左が「札幌連絡線1号」、右が「千歳線1号」。
P1130069.JPG
こちらは「藻岩線33号」(最終鉄塔)。
P1130070.JPG

2007年05月06日

千歳線119号・121号

今日は恵庭市内の国道36号線近くにある千歳線の中から…。

「千歳線119号・121号」

まずは千歳線119号
P1130073.JPG
銘板…。
P1130071.JPG
結界…。
P1130072.JPG

続いて千歳線121号
P1130078.JPG
この鉄塔から共架鉄塔になりますが、上下両方とも「千歳線」です。
下2回線の方は「大曲変-恵庭変」区間で、
上2回線の方は「恵庭変-恵南変」区間です。

121号銘板…。
P1130076.JPG
上下に変電所間が書かれた銘板。
P1130075.JPG
作業員向けの回線標識(「大曲変-恵庭変」用)。
P1130074.JPG
作業員向けの回線標識(「恵庭変-恵南変」用)。
P1130079.JPG
複雑に絡み合う「結界」…(*^^*)。
P1130077.JPG

2007年05月05日

追分線56号

今日アップするのは、187kv「追分線」の中から、
「追分線56号」。
P1130082.JPG
「追分線」は、「追分開閉所」-「南早来変電所」間を結ぶ187kv路線です。
「追分開閉所」は、あの「J-POWER十勝幹線」が経由している開閉所ですが、
所有・管理は「J-POWER」ではなく「ほくでん」がしています。
この56号は、「ノーザンホースパーク」入り口前左ト字交差点の前にある鉄塔で、
苫小牧市と安平町との境界線付近(川を渡って安平町側)にあります。
(ちなみに「ノーザンホースパーク」は苫小牧側になる。)
銘板…。
P1130080.JPG
結界…。
P1130081.JPG

2007年05月04日

南札幌幹線&千歳線

今日は「南札幌幹線」と「千歳線」(JRではなく「ほくでん千歳線」)の画像を載せたいと思います。

「南札幌幹線46-1号・43号」

「南札幌幹線」は「北江別変電所」-「南札幌変電所」間を結ぶ187kv路線です。
鉄塔ママさんには、51・48・41号の画像を送ってすでに掲載済です。

まずは「南札幌幹線46-1号」
P1130155.JPG
46号と47号の間に追加で建てられたため「枝番」になっているようです。

銘板です。
P1130156.JPG
結界です。
P1130157.JPG

続いて「南札幌幹線43号」
P1130158.JPG

このあたりは「札幌貨物駅前」で完全な工業団地だが、一般車両も通行可能です。
「42-1号」(柵付き)と「42号」は「札幌貨物駅構内」で一般の人は立入禁止エリアで接近不可。
(鉄塔ママさんHPには「42〜44号」が貨物駅構内と教えたが、
後日現地調査したところ、「43号」までは市道で一般の人も通行可で、
上記「42〜42-1号」の2基が接近不可。)

銘板です。
P1130159.JPG
結界です。
P1130160.JPG

「千歳線11号」

続いて「千歳線11号」。
P1130152.JPG
ほくでん千歳線は66kv路線で、
「南札幌変電所」-「大曲変電所」-「恵庭変電所」-「恵南変電所」-(千歳経由)-「早来変電所」を結びます。
鉄塔ママさんには、2号と4号の画像を送り、掲載済み。

銘板です。
P1130153.JPG
結界です。
P1130154.JPG

2007年05月03日

道央南幹線168・169号

続いては2005年11月に開通した新設路線である「道央南幹線」の中から…。
「道央南幹線168・169号」。

「道央南幹線」は、「西双葉開閉所」-「南早来変電所」間を結ぶ275kv路線です。

「道央南幹線168号」
P1130137.JPG
「道央南幹線168号」銘板です。
P1130138.JPG
「道央南幹線168号」結界です。
P1130139.JPG
「道央南幹線169号」
P1130149.JPG
「道央南幹線169号」銘板です。
P1130150.JPG
「道央南幹線169号」結界です。
P1130151.JPG

「ほくでん」HP内に「道央南幹線」の記事が掲載されています。
http://www.hepco.co.jp/info/2005/1122a.html

道央東幹線11号&狩勝幹線12号

続いてはぼくの大好きな「馬」を見に行ったついでに撮影した、
「道央東幹線11号&狩勝幹線12号」。

「道央東幹線」は275kv路線で、「南早来変電所」-「西当別変電所」間を結んでいます。
一方「狩勝幹線」は187kv路線(275kv設計)で、同じく「南早来変」を起点に新得・道東方面に結ばれます。
なお、後者の方は来年2008年12月頃に275kvへの昇圧が正式に決まっています。
詳細は「ほくでん」HP内PDFファイルを参照のこと。
http://www.hepco.co.jp/corporate/ir/management/pdf/ir_m02/2007management-plan.pdf

左が「道央東幹線11号」、右が「狩勝幹線12号」
P1130083.JPG
「道央東幹線11号」の銘板
P1130084.JPG
「道央東幹線11号」の結界
P1130085.JPG
「狩勝幹線12号」の銘板
P1130086.JPG
「狩勝幹線12号」の結界
P1130087.JPG

電信柱には、各路線の目印になる標識が…。
P1130088.JPG

なお、この付近はサラブレッド牧場が点在する地区で、
くれぐれも絶対に牧場の敷地に入らないように…。
(ほくでん作業員も牧場側の許可が必要で、一般の人は立ち入り禁止区域になっているところもある。
今回撮影した鉄塔は牧場の敷地外で接近出来たが、
「狩勝幹線12号」の隣には牧場があるので、
絶対に馬を驚かすようなことの無いよう細心の注意を払いたい。)

275kv級2導体2回線路線・泊幹線153号

まずは「275kv級2導体2回線」路線から…。

「泊幹線153号鉄塔」

「泊幹線」は、北海道唯一の原発である、泊村「泊原発」から
札幌市西区「西野変電所」間を結んでいます。

ほとんど山岳地帯に建っているため追跡困難な路線であるが、
この「153号」と「156号」は、南区定山渓無番地の
「道道1号線小樽定山渓線」の沿線にあり、容易に接近が可能です。
(定山渓からおよそ10km・札幌国際スキー場から5km弱の地点にある)

「泊幹線153号鉄塔」
P1130060.JPG
銘板です。
P1130061.JPG
澄んだ青空に広がる美しき「結界」…(*^^*)。
P1130063.JPG

お隣の「154号」鉄塔。
撮影当日(4月中旬)の現地は、山の中でまだ雪が積もっていました(^^;。
P1130064.JPG

鉄塔ブログを作りました。

初めて「鉄塔ブログ」を開設することになりました、
「北海道支部長」(?!)のくにさんです。

ぼく自身、子供の頃から鉄塔・送電線に非常に深い関心をもっていました。
だけど、そのような「変わり趣味」を持った人はぼくだけかと思ってたら…。
ネットで検索すると、いるわいるわ「鉄塔ファン」が…(@_@)。

その中から「東電」管轄内の「鉄塔ママ」さん(http://members2.jcom.home.ne.jp/tettou-mama/)にめぐりあうことに…。

鉄塔ママさん一家が昨年の「J-POWER十勝幹線」を追跡したことをきっかけに交流を初め、
ぼくが携帯で撮った「鉄塔写真」を送って、ママさんのHPに掲載してもらってます^^。
しかし、携帯から送る場合、1枚ずつしか送れない制約があり、
大量の写真を撮った場合はPCでないととても対応できないし、
ママさん自身も子育てや鉄塔追跡等で多忙になってくるし…。

そう思い、ぼく自身「鉄塔ブログ」を作ることにしました。

ぼくはオリコンブログ「くにさんの部屋」の方も(http://blog.oricon.co.jp/runrun_923/
も管理していますが、ぼくが応援している「キグルミ」をはじめ、有名人なども見ているブログだし、
「鉄塔関係」まで載せるとなると…。容量などの問題もあるので…。
ということで、Seesaa社のブログで「鉄塔専門」のブログを開設することになりましたので、
よろしくお願いいたします。

(鉄塔ママさんへ…ここに載せている「鉄塔画像」は、ママさんのHPに転載いただいてもかまいません。)
posted by くにさん at 19:18| はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。