2007年10月12日

安平町追分地区「J-POWER十勝幹線」&「ほくでん道央東幹線」追跡その2

「J-POWER十勝幹線柵無し鉄塔」追跡&
「ほくでん道央東幹線」追跡・追分編の続きです。

「J-POWER十勝幹線401号」。
P1130958.JPG
P1130963.JPG
この辺りの「J-POWER十勝幹線」は、建替えられていない
「原型鉄塔」で、「401号」と「402号」と「403号」が「原型」です。

「J-POWER十勝幹線401号」銘板…。
P1130959.JPG
「J-POWER十勝幹線401号」結界…。
P1130960.JPG
「400号」から「若番」方向(占冠方面)を眺める…。
P1130961.JPG
「402号」方向を眺めると、「ほくでん道央東幹線」との「交差点」は間近…。
P1130962.JPG

「J-POWER十勝幹線402号」。
P1130977.JPG
P1130964.JPG
「J-POWER十勝幹線402号」銘板…。
P1130965.JPG
「J-POWER十勝幹線402号」結界…。
P1130966.JPG

「道央東幹線67号」
「J-POWER十勝幹線403号」。


左が「ほくでん道央東幹線67号」、右が「J-POWER十勝幹線403号」。
P1130967.JPG
「J-POWER十勝幹線403号」。
P1130969.JPG
「J-POWER十勝幹線403号」銘板…。
P1130970.JPG
「J-POWER十勝幹線403号」結界…。
P1130971.JPG
結界の上には「ほくでん道央東幹線」の2導体送電線が…。

「ほくでん道央東幹線」と「J-POWER十勝幹線」の交差点。
P1130972.JPG
「道央東幹線67号」。
P1130968.JPG
「道央東幹線67号」銘板…。
P1130975.JPG
「道央東幹線67号」結界…。
P1130976.JPG
「68号」から当別方面へ向かう「ほくでん道央東幹線」。
P1130974.JPG
「404号」から南札幌方面へ向かう「J-POWER十勝幹線」。
P1130973.JPG


安平町追分地区「J-POWER十勝幹線」&「ほくでん道央東幹線」追跡その1

先日、休暇を利用して再び
「J-POWER十勝幹線柵無し鉄塔」追跡をしてきました。
今回は安平町追分地区で、「ほくでん道央東幹線」との交差付近を追跡、
同時に「ほくでん道央東幹線」も見てきました。

「J-POWER十勝幹線415号」。
P1130941.JPG
「415号」と、後述の「414号」と「410号」は、
ほくでん追分開閉所以東では数少ない「建替鉄塔」です。
追分以西の「433号」以降同様平成7年(1995年)〜平成8年(1996年)に
建替えられたものです。

「J-POWER十勝幹線415号」銘板…。
P1130942.JPG
作業員向け標識…。
P1130943.JPG
「J-POWER十勝幹線415号」結界…。
P1130944.JPG

「J-POWER十勝幹線414号」。
P1130945.JPG
「J-POWER十勝幹線414号」銘板…。
P1130946.JPG
「J-POWER十勝幹線414号」結界…。
P1130947.JPG

「J-POWER十勝幹線410号」。
P1130948.JPG
この辺りになると「林道」を通って「山の中」へ入って行きます。

「J-POWER十勝幹線410号」銘板…。
P1130949.JPG
「J-POWER十勝幹線410号」結界…。
P1130950.JPG

「道央東幹線65号」。
P1130953.JPG
この辺は完全に「山林の中」で、
付近一帯には「熊出没注意!!」の看板が…(^^;。

「道央東幹線65号」銘板…。
P1130951.JPG
「道央東幹線65号」結界…。
P1130952.JPG

「道央東幹線66号」。
P1130954.JPG
「道央東幹線66号」銘板…。
P1130955.JPG
「道央東幹線66号」結界…。
P1130956.JPG
この隣の「67号」には行き来できないので、一旦下に降りて、
再び林道を進んでいくのである。
すると「鉄塔保守用」の林道が見えてきたので、そこを進んでいくと…。
この後は次の記事にて…。

「南早来」からやってくる「道央東幹線」。
P1130957.JPG

2007年10月08日

定山渓地区の山中に建つ道央西幹線・室蘭西幹線・泊幹線

「定山渓地区鉄塔追跡」の続編です…。

今回UPするのは「道央西幹線」・「室蘭西幹線」そして「泊幹線」です。
今回は史上初の本格的な「鉄塔登山」となってしまいました(滝汗)。

まずは「室蘭西幹線」追跡から…。

「道央西幹線37号以降・室蘭西幹線71号以降」林道入口。
「白井川」の橋を渡ってすぐの左手にある。
P1130932.JPG
「道央西幹線37号以降・室蘭西幹線71号以降入口」標識。
P1130933.JPG

「室蘭西幹線72号」。
P1130908.JPG
P1130912.JPG
銘板が高い所についていてうまく撮れない…(^^;。
P1130909.JPG
「室蘭西幹線72号」結界…。
P1130910.JPG
隣の「71号」。山の上の「70号」から道道95号と白井川を渡り接続される。
P1130911.JPG
本来は「71号」を見る予定だったが、分岐点の進行方向を間違えて
「72号」側に着いてしまったのである…。

続いては「道央西幹線」。

「道央西幹線36号以前」入口。
道道95号・(豊羽鉱山まであと)「9km」標識手前の保守用道から入る。
P1130931.JPG
「あと9km」標識
P1130930.JPG

「道央西幹線35号」。
P1130916.JPG
P1130925.JPG
道道95号から見た「35号鉄塔」。山の上に建っている(^^;。
P1130934.JPG
今回は苫小牧にある「道央南幹線96号」等以来となる「徒歩」での「山中鉄塔」追跡。
しかも「本格的鉄塔登山」であった(^^;。
おまけに「熊」の出没しやすい
「秋季」での鉄塔探索
ということで、
万全の「熊避け対策」をして臨んだのである…(@_@)。

「道央西幹線35号」銘板…。左手は小川が流れる深い谷で急斜面になっている(^^;。
P1130918.JPG
「道央西幹線35号」結界…。
P1130919.JPG
「紅葉」と隣の「34号」。
P1130926.JPG
谷を挟んで隣の山に建つ「室蘭西幹線70号」。
P1130917.JPG
同じく隣の山に建つ「室蘭西幹線69号」。
P1130922.JPG
この日「69号」では作業員による鉄塔・送電線保守が行われていたようである。
といっても、まさか下から「登山」して来てるのか…(汗)。
もしかして「ヘリ」で来ているかも…。

「鉱さい堆積場」横に建つ「37号」と「38号」。
P1130920.JPG
なお「鉱さい堆積場」付近は立入禁止区域のためこれらの鉄塔に接近できず…(^^;。

「中山峠」方面へ向かう「道央西幹線」。奥の方で「室蘭西幹線」と併走。
P1130921.JPG
「35号」から見た「室蘭西幹線71号」。
P1130923.JPG

「道央西幹線36号」。
P1130927.JPG
「35号」から見た「36号」。
P1130924.JPG
「道央西幹線36号」銘板…。
P1130928.JPG
「道央西幹線36号」結界…。
P1130929.JPG

最後は道道1号沿いに建つ「泊幹線」。

「泊幹線156号」。
P1130937.JPG
道道1号から撮った「156号」。
P1130936.JPG
道道1号沿いの「泊幹線」だが、今年4月に撮って、
一番最初に当ブログにUPした「153号」以来の再訪である。
当時はかなりの残雪で、雪壁が非常に高く「156号」の撮影を断念したのであった。
それ以来の「リベンジ」探索である。

「泊幹線156号」銘板…。
P1130939.JPG
「泊幹線156号」結界…。
P1130940.JPG
隣の「157号」は「山の上」に建っている…。
P1130938.JPG
今年4月に行ったときの「157号」。一面「雪」である…。
P1130058.JPG

2007年10月06日

廃坑となった豊羽鉱山へ結ぶ豊羽線

超多忙につき、久々の更新です…。

今回UPするのは、札幌市内といっても「山の中」となる、
南区定山渓地区よりさらに奥に入った所にある「豊羽鉱山豊羽線」、
ほくでん「道央西幹線」・「室蘭西幹線」、さらに国際スキー場・小樽方面に
向かう途中の「泊幹線」を取り上げたいと思います。

まずは「豊羽鉱山豊羽線」から…。

「豊羽鉱山豊羽線」その1。
P1130902.JPG
道道1号線上から撮影。
P1130935.JPG
「豊羽鉱山豊羽線」は、「ほくでん錦橋変電所」から「豊羽鉱山豊羽変電所」間を結ぶ
66kv路線で、「豊羽鉱山」の所有・管理となっています。
同線の「鉄塔」区間はごく僅かで、ほとんどが「鉄柱」路線です。
この付近は、橋を渡る「道道1号線」を跨ぐ関係で「鉄塔」になっています。

「豊羽鉱山」は、札幌市唯一というよりは北海道最後の「金属鉱山」であったが、
「資源枯渇」のため2006年3月末をもって廃坑となってしまいました。

「豊羽線」は「鉱山」はもちろんのこと、かつてあった「団地」や
「小中学校」、「郵便局」、「商店」などにも電気を供給していました。
廃坑後も現地で事後処理等で活動するために「廃線」とはならず、
今も電気が通じています。

「豊羽鉱山」については、サーチエンジン等で検索してみてください。

銘板…。色褪せて全然読み取れず、鉄塔番号不明…(^^;。
P1130900.JPG
結界…。
P1130901.JPG

「豊羽鉱山豊羽線」その2。
P1130903.JPG
銘板…。これも色褪せたため番号不明…(^^;。
P1130904.JPG
結界…。
P1130905.JPG
この先1回線ずつに分かれて豊羽鉱山へ向かう…。
P1130906.JPG
P1130907.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。