2009年05月05日

江別市豊幌駅付近の石狩川河川敷に建つ道央東幹線・空知線

「冬眠明け」といえるexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)久々の更新です。

今日は、江別市豊幌駅付近の石狩川河川敷に建つ2つの鉄塔をUPします。

「道央東幹線190号」。
P1131367.JPG
国道12号からJR函館線豊幌駅に行く1kmほど手前の交差点から入り、
JR函館線の踏切を渡り、石狩川の河川敷へ進みます。
「190号」は、「石狩川河川敷東側」(国道12号側)の方に建っています。

「道央東幹線190号」銘板…。
P1131368.JPG
作業員向け標識…。
P1131369.JPG
「道央東幹線190号」結界…。
P1131370.JPG
対岸に建つ「191号」…。
P1131371.JPG

「空知線48号」。
P1131372.JPG
こちらは「道央東幹線190号」から少し北上したところにあります。

「空知線48号」銘板…。
P1131375.JPG
P1131373.JPG
「空知線48号」結界…。
P1131374.JPG


2008年11月06日

山岳路線+地中線という謎の南九条線。

超多忙&諸事情につき、「鉄塔ブログ」更新できませんでした(汗)。

3ヶ月ぶりの更新となります。

今日UPするのは、ほとんど「山の中」を通り、
追跡困難な山岳路線の「南九条線」の地上部分の末端区間です。

「南九条線」は、ほくでん唯一の「187kv3回線路線&187kv地中線」であり、
西野変電所を起点として、山岳地帯を経由し、
盤渓(ばんけい)地区のばんけいスキー場を通り、
再び山の中を通って、円山西町地区の住宅街近くの森にある
「開閉所」(名称不明)へつながり、
そこから地中線となって「南九条変電所」へつながる、
まさに「難易度・高のミステリー路線」(?!)であります。

地上部に建つ鉄塔はほとんど「山の中」であり、
接近できる鉄塔は、西野変付近の2号・3号と、
今回UPする末端の42号・43号くらいだと思います。

「南九条線42号」。
P1131356.JPG
銘板…。
P1131357.JPG
結界…。
P1131358.JPG

「南九条線43号最終鉄塔」。
P1131359.JPG
P1131360.JPG
銘板…。
P1131361.JPG
結界…。
P1131362.JPG
「円山開閉所」(だと思うが…)・地中線へ接続される「南九条線」
P1131363.JPG
開閉所入口…。名称が無い…(汗)。小さい寺の前に位置する。
P1131365.JPG
「南九条地中線」の標識…。ほくでん唯一の187kv地中線。
P1131364.JPG
「南九条線」の終点と思われる「ほくでん南九条アパート」(南9条西7丁目か8丁目付近です)。
P1131366.JPG
(ここから先は「私有地」で立入出来ないので公道からの撮影です…。)
「変電所」らしき施設が無く、地上部に「変電機器」が全く見えない状況で、
このあたりで「南九条地中線」の標識がなくなってることから、
このアパート敷地内に「南九条変電所」があると思われる。
ということは、変電所建物が完全にコンクリートで覆われ、
「美園変電所」などのように外観からは全くわからない構造になっていると思われる。

2008年08月21日

手稲地区の山に建っている道央北幹線・室蘭西幹線共架

またまた久々の更新になってしまいます…。

今日は、手稲区富丘地区・手稲山の麓で、札樽自動車道を超え、
山へ登っていく「道央北幹線・室蘭西幹線共架」1基をUPします。

「道央北幹線75号・室蘭西幹線14号
共架」。

P1131337.JPG
P1131338.JPG
西札幌変電所近辺から西野変電所へ通じる「道央北幹線・室蘭西幹線共架」ですが、
当ブログにUPした「道央北幹線62号・室蘭西幹線1号共架」(変電所隣接)を除いて、
平野部に建っている鉄塔は全て「柵付き」という「鉄塔ファン泣かせ」の路線で(^_^;)、
この「道央北幹線75号・室蘭西幹線14号共架」まで行かないと「柵無し」には巡り会えません…(^_^;)。
(以前JR函館線沿いに「柵無し鉄塔」があったが現在はそこも「柵付き」にされてしまってる(>_<)。)

当初は札樽道(高速道路)沿いの
「道央北幹線74号・室蘭西幹線13号共架紅白鉄塔」を
見ようと思ったが、山の中であるにも関わらず、
なんとここも「柵付き」であったため(>_<)、
そこからさらに山を登って追跡したのである(^_^;)。

富丘地区の住宅街から札樽道の下をくぐり、
そこから右方向へ行って、2件の「ラブホ」前の行き止まりから、
高速道路沿いの「鉄塔保守道」を歩くと、
まず「道央北幹線74号・室蘭西幹線13号共架紅白鉄塔」が見えるので、
そこから上るのだが、この保守登山道、下は草が生い茂って、
岩や大きな石がゴロゴロしていて非常に足場が悪く、
本格的な登山装備+熊避けが無ければ絶対無理な
「難易度・特級」クラスであります(^_^;)。

富丘地区の住宅街から見た「道央北幹線・室蘭西幹線共架」。
紅白鉄塔の隣(真ん中の鉄塔)が「道央北幹線75号・室蘭西幹線14号共架」。
P1131345.JPG
「道央北幹線75号」銘板…。
P1131339.JPG
「室蘭西幹線14号」銘板…。
P1131340.JPG
「道央北幹線75号・室蘭西幹線14号共架」結界…。
P1131341.JPG
隣の「道央北幹線76号・室蘭西幹線15号共架」。
P1131342.JPG
「道央北幹線74号・室蘭西幹線13号共架」および手稲地区の住宅街を臨む…。
かなり高い所にいます…(^_^;)。
P1131343.JPG
P1131344.JPG

2008年07月09日

江別地区の道央東幹線

最近超多忙でほとんど時間取れないうちに1ヶ月たってしまいました…(^_^;)。

今日は江別地区の「道央東幹線」の2基をUPします。

「道央東幹線188号」。
P1131334.JPG
こちらはJR函館線豊幌駅近く・国道12号線沿いの住宅街に建っています。

「道央東幹線188号」銘板…。
P1131335.JPG
「道央東幹線188号」結界…。
P1131336.JPG

「道央東幹線202号」。
P1131273.JPG
こちらは、石狩川を渡り、新篠津村との境界線近くの農業地帯に建ってます。

「道央東幹線202号」銘板…。
P1131274.JPG
「道央東幹線202号」結界…。
P1131275.JPG

2008年06月01日

石狩・当別地区の道央北幹線追跡その2

続いては、「道央北幹線」追跡の続きで、
石狩川河川敷北側から西当別変電所付近までの区間の中から…。

「道央北幹線20号」。
P1131217.JPG
P1131218.JPG
こちらは石狩川河川敷(北側)に建っています。

作業員向け標識…。
P1131219.JPG
「道央北幹線20号」銘板…。
P1131220.JPG
「道央北幹線20号」結界…。
P1131221.JPG
「根元」の目の前にはなんと「石狩川」が…(^^;。
P1131223.JPG
石狩川をはさんで対岸に建つ「道央北幹線21号」。
P1131222.JPG

「道央北幹線18号」。
P1131227.JPG
この辺りは農地に囲まれていますが、「道央北幹線」は防風林上に走っており、
私有地ではなく、「柵無し」でもあるので接近可能。

作業員向け標識…。
P1131225.JPG
「道央北幹線18号」銘板…。
P1131224.JPG
「道央北幹線18号」結界…。
P1131226.JPG

「道央北幹線17号」。
P1131228.JPG
「道央北幹線17号」銘板…。
P1131229.JPG
「道央北幹線17号」結界…。
P1131230.JPG

「道央北幹線16号」。
P1131232.JPG
この辺りから「苗穂北線・西札幌線共架」と併走する。
P1131231.JPG
「道央北幹線16号」銘板…。
P1131233.JPG
「道央北幹線16号」結界…。
P1131234.JPG

「道央北幹線6号」
「苗穂北線5号・西札幌線5号共架」。


左が「苗穂北線5号・西札幌線5号共架」、右が「道央北幹線6号」。
P1131235.JPG
ここまで来ると「西当別変電所」はもうすぐです。

「道央北幹線6号」銘板…。
P1131238.JPG
「道央北幹線6号」結界…。
P1131239.JPG
「苗穂北線5号・西札幌線5号共架」銘板…。
P1131236.JPG
「苗穂北線5号・西札幌線5号共架」結界…。
P1131237.JPG

石狩・当別地区の道央北幹線追跡その1

今日は、先日UPした「西札幌線」追跡に続いて、
「道央ループ幹線」の1つである
「道央北幹線」の単独区間をUPしたいと思います。

「道央北幹線50号・西札幌線75号
共架分岐鉄塔」・「茨戸線13号」。


左が「道央北幹線50号・西札幌線75号共架」、真ん中が「茨戸線13号」。
右が後述の「道央北幹線49号」。
P1131112.JPG
昨年11月に行った「道央北幹線・西札幌線共架」・「茨戸線」追跡以来の再訪です。
前回は時間の都合で、根元まで行けなかったが、
今回ついに根元まで行ってきました。
こちらは札幌市北区(屯田地区)と石狩市(花川地区)との
境界線付近で、札幌市側に建っています。

「道央北幹線50号」銘板…。
P1131113.JPG
「西札幌線75号」銘板…。
P1131114.JPG
「道央北幹線50号・西札幌線75号共架」結界…。
P1131115.JPG
「茨戸線13号」銘板…。
P1131116.JPG
「茨戸線13号」結界…。
P1131117.JPG

「道央北幹線49号」。
P1131244.JPG
こちらは石狩市側(花川地区)に建っています。
ここから「44号」・「39号」ともに花川地区にあります。

「道央北幹線49号」銘板…。
P1131245.JPG
「道央北幹線49号」結界…。
P1131246.JPG

「道央北幹線44号」。
P1131241.JPG
「道央北幹線44号」銘板…。
P1131242.JPG
「道央北幹線44号」結界…。
P1131243.JPG

「道央北幹線39号」。
P1131240.JPG
P1131118.JPG
こちらは旧国道231号(現在は新道に移設され道道273号となっている)の
交差点前・茨戸川沿いに建ってます。
隣の「38号」へは、茨戸川を渡っていきます。

「道央北幹線39号」銘板…。
P1131119.JPG
「道央北幹線39号」結界…。
P1131120.JPG

「道央北幹線22号」。
P1131125.JPG
P1131124.JPG
こちらは石狩市生振(おやふる)地区のばらと霊園近くに建っています。
このあたりの近くに石狩川があります。

作業員向け標識…。
P1131121.JPG
「道央北幹線22号」銘板…。
P1131122.JPG
「道央北幹線22号」結界…。
P1131123.JPG

「道央北幹線21号」。
P1131126.JPG
こちらは石狩川河川敷(南側)に建っています。

作業員向け標識…。
P1131128.JPG
「道央北幹線21号」銘板…。
P1131127.JPG
「道央北幹線21号」結界…。
P1131129.JPG
石狩川を挟んで対岸に建つ「道央北幹線20号」。
P1131131.JPG

2008年05月18日

懐かしの篠路・屯田地区の西札幌線

今日は、ぼくにとって「ふるさと」ともいえる、
札幌市北区篠路・屯田地区を通っている「西札幌線」をUPします。

先月4月の休暇時に徹底追跡しましたが、
当時はまだ残雪が残っていて、若干寒い中での追跡となりました(汗)。
場所によってはぬかるんでいるところもありました。
現在は札幌地区平野部は完全に解けて残雪はありません。

「西札幌線60号」。
P1131078.JPG
こちらは「篠路自動車学校前」に建ってます。

銘板…。
P1131079.JPG
結界…。
P1131080.JPG

「西札幌線61号」。
P1131084.JPG
P1131081.JPG
銘板…。
P1131082.JPG
結界…。
P1131083.JPG

このあと「JR札沼線(学園都市線)」を超えて次の鉄塔へ…。

「西札幌線62号」。
P1131087.JPG
銘板…。
P1131085.JPG
結界…。
P1131086.JPG

「西札幌線64号」。
P1131088.JPG
こちらは「東8丁目篠路通り」沿いのバス停前に建ってます。

銘板…。
P1131089.JPG
結界…。
P1131090.JPG

このあと、しばらく走って「国道231号石狩街道」と「創生川」を超えて
「屯田地区」へと入ります。

「西札幌線67-1号」。
P1131093.JPG
このあたりから「枝番鉄塔」が多くなっていきます。
以前この地区はほとんど民家が無く「農地」や「原野」といった状態だったが、
近年は急速に「宅地化」が進んでいます。

銘板…。
P1131091.JPG
結界…。
P1131092.JPG

「西札幌線68-1号」。
P1131094.JPG
銘板…。
P1131095.JPG
結界…。
P1131096.JPG

「西札幌線69号」。
P1131099.JPG
銘板…。
P1131097.JPG
結界…。
P1131098.JPG

「西札幌線70号」。
P1131100.JPG
この「70号」(撮影してない「69-1号」も含めて)あたりから、
「西札幌線」北側は「農地」や「原野」が多くなり、
「石狩市」との境界線である「発寒川」が近くなっていきます。
なお「西札幌線」南側は宅地化されています。

銘板…。
P1131101.JPG
結界…。
P1131102.JPG

「西札幌線71号」。
P1131105.JPG
銘板…。
P1131103.JPG
結界…。
P1131104.JPG

「西札幌線72号」。
P1131106.JPG
銘板…。
P1131107.JPG
結界…。
P1131108.JPG

「西札幌線73号」。
P1131109.JPG
銘板…。
P1131110.JPG
結界…。
P1131111.JPG
このあと、「74号」(私有地につき接近不可)を通り、「茨戸線」を跨いで、
「道央北幹線50号・西札幌線75号共架」に接続されて、
「新川」沿いの「西札幌変電所」へつながっていく…。

2008年05月11日

石狩川河川敷・当別町側に建ってる苗穂北線・西札幌線共架鉄塔。

続いては、JR札沼線(学園都市線)鉄橋沿い・当別町側石狩川河川敷に建ってる
「苗穂北線・西札幌線共架鉄塔」をUPします。

「苗穂北線26号・西札幌線26号共架」。
P1131212.JPG
昨年6月に行った「苗穂北線・西札幌線共架」追跡以来の再訪です。

作業員向け標識…。
P1131213.JPG
「苗穂北線26号・西札幌線26号共架」銘板…。
P1131214.JPG
「苗穂北線26号・西札幌線26号共架」結界…。
P1131215.JPG
「石狩川」を渡る「苗穂北線・西札幌線共架」と「JR札沼線(学園都市線)鉄橋」…。
(対岸の鉄塔は昨年7月5日に当ブログにUP済みの「苗穂北線27号・西札幌線27号共架」。)
P1131216.JPG

2008年05月04日

江別市境界線の豊平川からモエレ沼公園に続く丘珠支線。

続いては、江別市との境界線となる豊平川から東区中沼地区、
そしてモエレ沼公園へと続く「旧西札幌線」を引き継いだ「丘珠支線」を追跡…。

「丘珠支線7号」。
P1131071.JPG
P1131072.JPG
こちらは豊平川沿いの札幌市側に建っています。

銘板…。
P1131073.JPG
結界…。
P1131074.JPG
対岸の江別市側に建つ「丘珠支線6号」…。
P1131070.JPG

「丘珠支線9号」。
P1131075.JPG
銘板…。
P1131076.JPG
結界…。
P1131077.JPG

続いては、モエレ沼公園・モエレ沼沿いに建つ鉄塔で、
昨年UPした12号に続く柵無し鉄塔…。

「丘珠支線11号」。
P1131210.JPG
モエレ沼・モエレ山・ガラスのピラミッド「HIDAMARI」をバックに撮った「丘珠支線11号」。
P1131211.JPG
方向を変えて撮影。
P1131206.JPG
この「モエレ沼公園」造成のために、
1989年頃にここから迂回するルートに変更されたようです。

銘板…。
P1131207.JPG
結界…。
P1131208.JPG
目の前に広がるモエレ沼…。
P1131209.JPG

久々の更新・藻岩線柵無し鉄塔。

自分の鉄塔画像をUPするのはおよそ3ヶ月ぶり…。

「冬眠明け」して先月から「鉄塔追跡」を再開していますが、
超多忙なので少しずつUPしていこうと思います…(汗)。

今日は「藻岩線」の柵無し鉄塔の中から2基を…。

「藻岩線17号」。
P1131069.JPG
P1131066.JPG
こちらは豊平区西岡地区の望月寒川近くの団地に建っています。

銘板…。
P1131067.JPG
結界…。
P1131068.JPG

続いては、あの「鉄塔ママ」さんが初めて
「ほくでん」の鉄塔に出会ったという「伝説鉄塔」である?!

「藻岩線31号」。
P1131203.JPG
あれから2年近く経った今、ママさん一家はぼく以上に超多忙で
なかなか更新できなかったそうだが、
最近また活動再開しているようです。

銘板…。
P1131204.JPG
結界…。
P1131205.JPG

2008年02月04日

北区新川・新川通り沿いの西札幌変電所

やっと今年2回目の更新です…(汗)。

今日UPするのは、11月に「運転免許試験場」に行った帰りの
「鉄塔追跡」の続編で、「西札幌変電所」近辺です。

「西札幌変電所」。
P1131048.JPG
P1131044.JPG
同変電所は札幌市北区と手稲区の境界線となる、
新川(川の名前)と新川通り沿いにあり、北区側に位置します。

ここでは「275kv道央北幹線」は「素通り」してしまいます。
「室蘭変電所」へ「山あり谷あり」の「山岳路線」を通る
「187kv室蘭西幹線」の起点であり、
「道央北幹線」といっしょに「西当別変電所」を起点とする
「187kv西札幌線」の終点でもあるのです。

その他、66kv路線の「茨戸線」・「手稲線」・
「豊平製鋼線」(JR発寒駅前「豊平製鋼」工場へ向かう路線)そして、
新琴似方面へ向かう「新琴似線」(以前はすべて地上を通っていたが、
現在はほとんど「地中線」化してしまっている)等が接続されています。

「道央北幹線62号・室蘭西幹線1号
共架分岐鉄塔」・「室蘭西幹線0号」。


手前の背の低い鉄塔が「室蘭西幹線0号」で同線の起点鉄塔。
右の「道央北幹線62号・室蘭西幹線1号共架」へ接続される。
奥が後述の「道央北幹線61号・西札幌線86号共架」。
P1131035.JPG
「道央北幹線62号」銘板…。
P1131039.JPG
「室蘭西幹線1号」銘板…。
P1131038.JPG
「道央北幹線62号・室蘭西幹線1号共架」結界…。
P1131040.JPG
「室蘭西幹線0号」。
P1131037.JPG
「室蘭西幹線0号」銘板…。
P1131041.JPG
「室蘭西幹線0号」結界…。
P1131042.JPG

「道央北幹線61号・西札幌線最終86号
共架分岐鉄塔」。


こちらは「西札幌線最終鉄塔」にもなる「道央北幹線61号・西札幌線86号共架」。
右の鉄塔は「茨戸線1号」(起点)で、変電所に直接接続されず、
一旦「地中線」に入って接続される。
P1131043.JPG
「道央北幹線61号」銘板…。
P1131045.JPG
「西札幌線86号」銘板…。
P1131046.JPG
「道央北幹線61号・西札幌線86号共架」結界…。
P1131047.JPG
変電所構内に建つ鉄塔群。
左が「手稲線1号」、右が「豊平製鋼線1号・新琴似線1号共架」。
P1131036.JPG

2008年01月19日

久々&今年初更新は道央北幹線・西札幌線共架&茨戸線

かなり遅くなりましたが今年最初の更新です。

超多忙でなかなか更新できませんが、今年もよろしくおねがいします。

今回は、「運転免許試験場」の帰路のついでに追跡した
「道央北幹線・西札幌線共架」&「茨戸線」をUPしたいと思います。

今回初登場の「茨戸(ばらと)線」は、北区新川地区の西札幌変電所から
北区茨戸地区の茨戸変電所を結ぶ66kv路線です。

「道央北幹線・西札幌線共架」と「茨戸線」は、
西札幌変電所から札幌市と石狩市の境界線付近にある
北区屯田(とんでん)地区まで併走しています。
3路線ともにぼくの少年時代にお世話になった懐かしい路線です。

「道央北幹線53号・西札幌線78号共架」
「茨戸線10号」。


左が「道央北幹線53号・西札幌線78号共架」、右が「茨戸線10号」。
P1131049.JPG
新川・新琴似・屯田地区に建っており、当鉄塔を含め「紅白鉄塔」が多くなっています。

「道央北幹線53号」銘板…。色褪せて番号が全く読み取れない…(^^;。
P1131050.JPG
「西札幌線78号」銘板…。
P1131051.JPG
「道央北幹線53号・西札幌線78号共架」結界…。
P1131052.JPG
「茨戸線10号」銘板…。
P1131053.JPG
「茨戸線10号」結界…。
P1131054.JPG

「道央北幹線52号・西札幌線77号共架」。
P1131055.JPG
ちなみに右の鉄塔は「茨戸線11号」。

「道央北幹線52号」銘板…。
P1131056.JPG
「西札幌線77号」銘板…。
P1131057.JPG
「道央北幹線52号・西札幌線77号共架」結界…。
P1131058.JPG

「道央北幹線51号・西札幌線76号共架」
「茨戸線12号」。


左が「茨戸線12号」、右が「道央北幹線51号・西札幌線76号共架」。
P1131060.JPG
「道央北幹線51号」銘板…。
P1131061.JPG
「西札幌線76号」銘板…。
P1131062.JPG
「道央北幹線51号・西札幌線76号共架」結界…。
P1131063.JPG
「茨戸線12号」銘板…。
P1131064.JPG
「茨戸線12号」結界…。
P1131065.JPG

奥の方に見える「道央北幹線50号・西札幌線75号共架分岐鉄塔」と「茨戸線13号」。
P1131059.JPG
これらの鉄塔は札幌市と石狩市の境界線付近で札幌市側に建っている。
「道央北幹線」は奥に写ってる石狩市側の「49号」から接続され、
「西札幌線」は右方向の「74号」から接続され、
「茨戸線」は「西札幌線」の下をくぐり川沿いを通り「14号」へ接続される。

2007年12月19日

手稲地区・JR札幌運転所近辺の手稲線

最近超多忙&厳冬期突入につき、「鉄塔散策」休止&冬眠中であります…(汗)。

久々の更新です。

今日UPするのは、手稲地区に建っている「手稲線」です。

「西札幌変電所」を起点に手稲から小樽方向へ向かう66kv路線で、
おそらく星置付近の変電所が終点だと思うがそこまで追跡できませんでした。
そこの変電所から小樽方面へ向かう66kv路線があります。

今回の「手稲線」ですが、先月の運転免許更新の際に、
曙地区にある「運転免許試験場」に行ったついでに撮りました。

「手稲線25号」。
P1131016.JPG
「25号」〜「22号」の区間は「JR札幌運転所」(車両基地)沿いに建っています。

銘板…。
P1131017.JPG
結界…。
P1131018.JPG

「手稲線24号」。
P1131019.JPG
銘板…。
P1131020.JPG
結界…。
P1131021.JPG

「手稲線23号」。
P1131022.JPG
銘板…。
P1131023.JPG
結界…。
P1131024.JPG

「手稲線22号」。
P1131025.JPG
左手に見えるのは隣の「21-1号」。

銘板…。
P1131026.JPG
結界…。
P1131027.JPG
「手稲線」沿いにある「札幌運転所」。電車が留置している。
P1131028.JPG

「手稲線21号」。
P1131029.JPG
銘板…。
P1131030.JPG
結界…。
P1131031.JPG

「手稲線20号」。
P1131032.JPG
こちらは手稲駅よりの住宅街に建っています。

銘板…。
P1131033.JPG
結界…。
P1131034.JPG

2007年11月14日

札幌市厚別地区・江別市大麻・野幌地区の南札幌幹線追跡その2

久々の更新です…。

今日は、先日UPした「南札幌幹線」追跡の続きで、江別市側をUPします。

「南札幌幹線31-1号」。
P1131001.JPG
この辺は札幌市(厚別区)と江別市(大麻地区)との境界線で、
左手(札幌市側)では現在宅地化・団地造成工事が行われています。

銘板…。
P1131002.JPG
結界…。
P1131003.JPG

「南札幌幹線31号」。
P1130998.JPG
こちらは江別市側に建っています(すぐ隣が札幌市)。

銘板…。最近になって建て替えられたもの。
P1130999.JPG
結界…。
P1131000.JPG
この隣が以前UPした「南札幌幹線30号・大麻線45号共架交差鉄塔」となる。

「南札幌幹線28号」。
P1131004.JPG
以前UPした「27号」前の交差点を進んだ砂利道沿いにあります。

銘板…。
P1131005.JPG
結界…。
P1131006.JPG

「南札幌幹線20号」。
P1131013.JPG
「20号」と「19号」は「道央道江別西インター」前に建っています。

銘板…。
P1131014.JPG
結界…。
P1131015.JPG

「南札幌幹線19号」。
P1131010.JPG
「江別西インター出入口」の交差点前に建っています。

銘板…。
P1131011.JPG
結界…。
P1131012.JPG

ついでに、「野幌支線」(大麻線から分岐)の終点も追跡してみました。

「野幌変電所」。
P1131007.JPG
機器類は完全に屋内に取り込まれている。
P1131008.JPG
変電所構内に建つ「野幌支線10号最終鉄塔」。
P1131009.JPG

2007年11月04日

札幌市厚別地区・江別市大麻・野幌地区の南札幌幹線追跡その1

最近超多忙でなかなか更新できませんでした(^_^;)。久々の更新です…。

今日は、札幌市厚別区内と江別市大麻・野幌地区の
「南札幌幹線」を追跡しました。

まずは札幌側から…。

「南札幌幹線39-1号」。
P1130978.JPG
厚別川近くの住宅街にあります。

鉄塔の下を通る遊歩道。
P1130979.JPG
銘板…。
P1130980.JPG
結界…。
P1130981.JPG

「南札幌幹線39号」。
P1130982.JPG
銘板…。
P1130983.JPG
結界…。
P1130984.JPG

「南札幌幹線35号」。
P1130985.JPG
このあたりは住宅街からやや離れています。

銘板…。
P1130986.JPG
結界…。
P1130987.JPG

「南札幌幹線34号」。
P1130988.JPG
銘板…。
P1130989.JPG
結界…。
P1130990.JPG
根元まで「骨組」が…(^_^;)。
P1130991.JPG

「南札幌幹線32号」。
P1130992.JPG
こちらは江別市との境界線付近にある、厚別西地区の住宅街近くにあります。
この辺は道路等できたばかりで、まだ住宅は建っていません。

銘板…。
P1130993.JPG
結界…。
P1130994.JPG

「南札幌幹線31-2号」。
P1130995.JPG
銘板…。
P1130996.JPG
結界…。
P1130997.JPG

2007年10月08日

定山渓地区の山中に建つ道央西幹線・室蘭西幹線・泊幹線

「定山渓地区鉄塔追跡」の続編です…。

今回UPするのは「道央西幹線」・「室蘭西幹線」そして「泊幹線」です。
今回は史上初の本格的な「鉄塔登山」となってしまいました(滝汗)。

まずは「室蘭西幹線」追跡から…。

「道央西幹線37号以降・室蘭西幹線71号以降」林道入口。
「白井川」の橋を渡ってすぐの左手にある。
P1130932.JPG
「道央西幹線37号以降・室蘭西幹線71号以降入口」標識。
P1130933.JPG

「室蘭西幹線72号」。
P1130908.JPG
P1130912.JPG
銘板が高い所についていてうまく撮れない…(^^;。
P1130909.JPG
「室蘭西幹線72号」結界…。
P1130910.JPG
隣の「71号」。山の上の「70号」から道道95号と白井川を渡り接続される。
P1130911.JPG
本来は「71号」を見る予定だったが、分岐点の進行方向を間違えて
「72号」側に着いてしまったのである…。

続いては「道央西幹線」。

「道央西幹線36号以前」入口。
道道95号・(豊羽鉱山まであと)「9km」標識手前の保守用道から入る。
P1130931.JPG
「あと9km」標識
P1130930.JPG

「道央西幹線35号」。
P1130916.JPG
P1130925.JPG
道道95号から見た「35号鉄塔」。山の上に建っている(^^;。
P1130934.JPG
今回は苫小牧にある「道央南幹線96号」等以来となる「徒歩」での「山中鉄塔」追跡。
しかも「本格的鉄塔登山」であった(^^;。
おまけに「熊」の出没しやすい
「秋季」での鉄塔探索
ということで、
万全の「熊避け対策」をして臨んだのである…(@_@)。

「道央西幹線35号」銘板…。左手は小川が流れる深い谷で急斜面になっている(^^;。
P1130918.JPG
「道央西幹線35号」結界…。
P1130919.JPG
「紅葉」と隣の「34号」。
P1130926.JPG
谷を挟んで隣の山に建つ「室蘭西幹線70号」。
P1130917.JPG
同じく隣の山に建つ「室蘭西幹線69号」。
P1130922.JPG
この日「69号」では作業員による鉄塔・送電線保守が行われていたようである。
といっても、まさか下から「登山」して来てるのか…(汗)。
もしかして「ヘリ」で来ているかも…。

「鉱さい堆積場」横に建つ「37号」と「38号」。
P1130920.JPG
なお「鉱さい堆積場」付近は立入禁止区域のためこれらの鉄塔に接近できず…(^^;。

「中山峠」方面へ向かう「道央西幹線」。奥の方で「室蘭西幹線」と併走。
P1130921.JPG
「35号」から見た「室蘭西幹線71号」。
P1130923.JPG

「道央西幹線36号」。
P1130927.JPG
「35号」から見た「36号」。
P1130924.JPG
「道央西幹線36号」銘板…。
P1130928.JPG
「道央西幹線36号」結界…。
P1130929.JPG

最後は道道1号沿いに建つ「泊幹線」。

「泊幹線156号」。
P1130937.JPG
道道1号から撮った「156号」。
P1130936.JPG
道道1号沿いの「泊幹線」だが、今年4月に撮って、
一番最初に当ブログにUPした「153号」以来の再訪である。
当時はかなりの残雪で、雪壁が非常に高く「156号」の撮影を断念したのであった。
それ以来の「リベンジ」探索である。

「泊幹線156号」銘板…。
P1130939.JPG
「泊幹線156号」結界…。
P1130940.JPG
隣の「157号」は「山の上」に建っている…。
P1130938.JPG
今年4月に行ったときの「157号」。一面「雪」である…。
P1130058.JPG

2007年10月06日

廃坑となった豊羽鉱山へ結ぶ豊羽線

超多忙につき、久々の更新です…。

今回UPするのは、札幌市内といっても「山の中」となる、
南区定山渓地区よりさらに奥に入った所にある「豊羽鉱山豊羽線」、
ほくでん「道央西幹線」・「室蘭西幹線」、さらに国際スキー場・小樽方面に
向かう途中の「泊幹線」を取り上げたいと思います。

まずは「豊羽鉱山豊羽線」から…。

「豊羽鉱山豊羽線」その1。
P1130902.JPG
道道1号線上から撮影。
P1130935.JPG
「豊羽鉱山豊羽線」は、「ほくでん錦橋変電所」から「豊羽鉱山豊羽変電所」間を結ぶ
66kv路線で、「豊羽鉱山」の所有・管理となっています。
同線の「鉄塔」区間はごく僅かで、ほとんどが「鉄柱」路線です。
この付近は、橋を渡る「道道1号線」を跨ぐ関係で「鉄塔」になっています。

「豊羽鉱山」は、札幌市唯一というよりは北海道最後の「金属鉱山」であったが、
「資源枯渇」のため2006年3月末をもって廃坑となってしまいました。

「豊羽線」は「鉱山」はもちろんのこと、かつてあった「団地」や
「小中学校」、「郵便局」、「商店」などにも電気を供給していました。
廃坑後も現地で事後処理等で活動するために「廃線」とはならず、
今も電気が通じています。

「豊羽鉱山」については、サーチエンジン等で検索してみてください。

銘板…。色褪せて全然読み取れず、鉄塔番号不明…(^^;。
P1130900.JPG
結界…。
P1130901.JPG

「豊羽鉱山豊羽線」その2。
P1130903.JPG
銘板…。これも色褪せたため番号不明…(^^;。
P1130904.JPG
結界…。
P1130905.JPG
この先1回線ずつに分かれて豊羽鉱山へ向かう…。
P1130906.JPG
P1130907.JPG

2007年09月15日

2回線のように見えて実は1回線共架の望来線・当別支線共架

今日UPするのは、札幌近郊の当別町内に建つ「1回線共架鉄塔」である、
「望来線・当別支線」共架から…。

「望来線16号・当別支線629号
共架分岐鉄塔」。

P1130740.JPG
「望来(もうらい)線」(向かって左側)は、当別町「当別変電所」を起点に、
石狩市厚田区(旧・厚田村望来)にある「望来変電所」へ通じる66kv路線です。
ほとんどが「鉄柱」のみの路線で、「当別支線共架」区間のみ「鉄塔」です。
ぼくにとっては、「幼馴染み」の路線でもあります。
なお、「望来変電所」からは、「石狩市浜益区」(旧・浜益村)へ通じる
「66kv1回線鉄柱」路線もあります。

一方「当別支線」(向かって右側)は、すでに「廃線」となった路線で、
「望来線共架」の部分のみ残されている状態です。
「GSIウォッちず」で調査したところ、新十津川方面からつながっていたようです。

「望来線16号」銘板…。
P1130737.JPG
「当別支線629号」銘板…。
P1130738.JPG
結界…。
P1130739.JPG

2007年09月06日

夕張川近くの道央東幹線および由仁町内の川端線

先日の休暇を利用して、再び「本格派鉄塔ツーリング」に行ってきました。
今回は生まれて初めて夕張以東の方(道東・占冠方面)へ遠征してきました。
まずは、由仁町内の国道274号沿いに建ってる「66kv川端線」から…。

「川端線7号」。
P1130841.JPG
「川端線」は、夕張川「川端ダム」にある「川端発電所」から発電され、
由仁町内のJR室蘭線・国道274号近くの変電所に運ばれる66kv路線で、
「老番」から「若番」に向かって電気が流れています。
この路線はほとんど「鉄柱」のみだが、一部「鉄塔」になっています。
「川端線7号」は、同線の数少ない「鉄塔」で、
最近建て替えられた鉄塔でもあります。

「川端線7号」銘板…。
P1130842.JPG
「川端線7号」結界…。
P1130843.JPG

「道央東幹線78号」。
P1130844.JPG
こちらは由仁町と栗山町の境界線である、夕張川手前の由仁町側にあります。
国道274号沿いの駐車場前に建っています。

「道央東幹線78号」銘板…。
P1130845.JPG
「道央東幹線78号」結界…。
P1130846.JPG

2007年09月03日

北広島市大曲地区・道央自動車道沿線に建つ4回線(?!)の千歳線。

「J-POWER十勝幹線」追跡以来、超多忙&本家ブログ更新等で、
当鉄塔ブログがなかなか更新できませんでした(^^;。
久々の更新です…。

今回は、北広島市大曲変電所から一部分のみ「4回線」に見える(?!)、
「千歳線4回線区間」をUPします。

この「千歳線4回線区間」、実は下の2回線は他路線だと思われるが、
すでに「廃線」となっている路線が昔からそのまま放置されたもの。
この「廃線」路線(路線名不明)は、変電所には接続されていません。
実質、上2回線(千歳線)のみで運用されています。

「千歳線4回線区間」は、変電所に接続される「49号」から、
住宅街から離れる手前の「54号」までありますが、
今回はそのうち「柵無し」の「51号」〜「54号」をUPします。

「千歳線51号」。
P1130777.JPG
銘板…。
P1130778.JPG
結界…。
P1130779.JPG

「千歳線52号」。
P1130780.JPG
銘板…。
P1130781.JPG
結界…。
P1130782.JPG

「千歳線53号」。
P1130783.JPG
銘板…。
P1130784.JPG
結界…。
P1130785.JPG

「千歳線54号」。
P1130786.JPG
銘板…。
P1130787.JPG
鉄塔下の道路から旧分岐点を見上げる…。
ここから北広島市街地(JR駅方面の団地)へ通じていたと思われる。
P1130788.JPG
結界撮ろうと思ったが、根元全体がひどい水溜りができて近づけないので…(^^;。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。