2008年04月18日

当ブログを見てくださった方からの投稿画像・超山奥の「道央南幹線」。

最近超多忙で2ヶ月更新してませんでした(汗)。

今日は、当ブログを見てくれた「鉄塔保守関係者」の方から、
「一般の人が入ることが困難と思える(?!)山奥の鉄塔画像」をUPしたいと思います。

(当ブログでは「メールフォーム」のリンクをしてないが、
ぼくの「本家ブログ」にリンクしてある「メールフォーム」から
送ってくれたそうです。ありがとうございます。)

「道央南幹線49号」。
道央南49.JPG
かなりサイズがでっかくビックリしました(@_@)!!

左は併走する「双葉幹線」です。奥に写ってる山は「樽前山」だそうです。

投稿者の方にメールしたところ、この鉄塔にたどり着くには、
「海側」の国道36号から「樽前ガロー」というところに入り、
そこから林道を車で1時間、さらに徒歩で1時間という大変な場所にあるそうです(@_@)。
(最初、国道276・453号「美笛峠・滝笛トンネル大滝側入口」側林道から、
「道央南幹線34号」・「双葉幹線132号」(当ブログにUP済み)を苫小牧方向へ向けて進んでいくかと思ったら全然違いました…。)

かなりの山奥で、熊の危険があることから(^_^;)、
地元猟友会のハンター同伴で入林、保守作業をしているそうです(^_^;)。

お疲れ様です。熊に十分注意して保守作業に従事してください。
投稿ありがとうございました。


posted by くにさん at 22:12| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

「道央南幹線矩形鉄塔」完全制覇(笑)!!

今日は「道央南幹線矩形鉄塔」残り3基の写真が撮れて、
「道央南幹線矩形鉄塔」完全制覇(笑)!!ということで…。

「道央南幹線153号」。
P1130553.JPG
「道央南幹線153号」銘板…。
P1130554.JPG
作業員向け標識…。
P1130555.JPG
P1130556.JPG
「道央南幹線153号」結界…。
P1130557.JPG

「道央南幹線154号」。
P1130548.JPG
「道央南幹線154号」銘板…。
P1130549.JPG
作業員向け標識…。
P1130550.JPG
P1130551.JPG
「道央南幹線154号」結界…。
P1130552.JPG

続いてはいよいよ「道央南幹線矩形鉄塔」の東側ラストとなる、
「道央南幹線155号」。
P1130543.JPG
「道央南幹線155号」銘板…。
P1130544.JPG
作業員向け標識…。
P1130545.JPG
P1130546.JPG
「道央南幹線155号」結界…。
P1130547.JPG

最後は「おまけ」としてもう一つ「道央南幹線」画像を…。

「道央南幹線156号」。
P1130540.JPG
「道央南幹線156号」銘板…。
P1130541.JPG
「道央南幹線156号」結界…。
P1130542.JPG
posted by くにさん at 22:22| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

泉沢線・室蘭東幹線・双葉幹線3つ並び!!

「鉄塔ツーリング」(?!)の締めは、「苫小牧変電所」付近の住宅街の
裏山に建つ「3つ並び鉄塔」!!

「泉沢線3号」
「室蘭東幹線3号」
「双葉幹線3号」。


左が「泉沢線3号」、中が「室蘭東幹線3号」、右が「双葉幹線3号」。
P1130344.JPG
「苫小牧変電所」方向へ向かって撮影。「泉沢線3号」は珍しい形状の鉄塔。

「泉沢線3号」銘板…。
P1130338.JPG
「泉沢線3号」の「奇妙な形」をした「結界」…(*^^*)。
P1130339.JPG
「室蘭東幹線3号」銘板…。
P1130340.JPG
「室蘭東幹線3号」結界…。
P1130341.JPG
「双葉幹線3号」銘板…。
P1130342.JPG
「双葉幹線3号」結界…。
P1130343.JPG

「室蘭東幹線」と「双葉幹線」は、山の中で「交差」しています。

「苫小牧変電所」周辺の鉄塔はほとんど「柵付き」だが、
これらの鉄塔は「柵無し」であった(^^)。

同変電所では、上記各路線の1号鉄塔や「苫小牧火力線65号最終鉄塔」や、
「白老線1号」や「苫小牧線1号」、
さらに「王子製紙」所有の「王子製紙苫小牧工場行66kv・2回線路線」までつながっている。

おまけとして、2006年に廃線となった「王子尻別線」
(ニセコ町尻別川の水力発電所が源)も通っています。
(「ほくでん白老線3号(?)」から「王子尻別線」と共架となってたが、
「白老線共架」部分から王子の送電線が撤去されている。)

この写真を撮った時間帯はなんと19時!!(^^;

この後帰路につき、途中夕食をとり、自宅に戻ってきたのは22時近かった…(^^;。
朝出たのは3時半だったから、ほとんどが「鉄塔ツーリング」状態だった…(苦笑)。
posted by くにさん at 23:13| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別市内の「室蘭東幹線」…。

続いては、「日本工学院登別校」近くの市道沿いに建ってる「室蘭東幹線158号」と、
「登別温泉」近くの「道道2号線」沿いに建ってる「室蘭東幹線144号」をUPします。

「室蘭東幹線158号」。
P1130332.JPG

この鉄塔の根元、なんと「雑草」が生え放題状態…(^^;。
P1130334.JPG
「銘板」が高い雑草に完全に隠れてしまって撮影できなかった(><)…。

雑草をかき分けて辛うじて撮った「結界」…(^^;。
P1130333.JPG

「室蘭東幹線144号」。
P1130335.JPG

こちらは「道道2号線」沿いにあり、「新登別」地区から
「カルルス温泉・オロフレ峠」方面へ向かっていく途中の右手にあります。
「登別温泉街」からは、「登別プリンスホテル」前の市道を通り、
急な坂を上っていくと、「道道2号線」交差点に出るので、そこを右折してすぐのところにあります。

銘板…。
P1130336.JPG
結界…。
P1130337.JPG

その後は「登別温泉街」へ下り、「銭湯料金」で入浴できる「温泉銭湯・さぎり湯」に行って、
「ホンモノの温泉」を味わったのである。
(「さぎり湯」の詳細は、オリコンブログ「くにさんの部屋」内
「観光・温泉・グルメ」のところをたどっていくとあります。)
posted by くにさん at 22:39| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道央南幹線追跡続き…。

「道央南幹線矩形鉄塔」シリーズの西側最終「144号鉄塔」から
さらに道なりに西方向へ進むと、「道央自動車道高架橋」が出現し、
高速道路を渡ると見える鉄塔…。

「道央南幹線141号」。
P1130320.JPG
「道央南幹線141号」銘板…。
P1130321.JPG
「道央南幹線141号」結界…。
P1130322.JPG

「141号」と「142号」の間を「道央自動車道」が通っています。

「道央南幹線140号」。
P1130194.JPG
(146・144号と同様5月に撮影したもの。)

「道央南幹線140号」銘板…。
P1130195.JPG
「道央南幹線140号」結界…。
P1130197.JPG

市道で行ける鉄塔はこの「140号」が最後で、この先の道路は
「ゴルフ場」の敷地内になるので通り抜けできないが、
鉄塔沿いに通じる「作業用道路」を行って追跡することは可能…。
(「作業用道路」はゴルフ場敷地外なので…。
ただし一般車両の通行はできないので徒歩での追跡になる…(汗)。)
この「作業用道路」の一番奥にある大きな「紅白鉄塔」が見えたので追跡決行したのである(@_@)。

市道から離れる「139号」から「作業用道路」をひたすら進み、
一番奥にある鉄塔「130号紅白鉄塔」を見つけたのである。
(10基分・およそ3kmぐらいはあったかも…(汗)。
この間の鉄塔は全て「柵無し」…(^^)。)
ここでは、「泉沢線」と交差していたのである。

「道央南幹線130号」・「泉沢線59号」。

左が「道央南幹線130号紅白鉄塔」、右が「泉沢線59号」。
P1130323.JPG
「道央南幹線130号」。「航空障害灯」付き。
P1130324.JPG
「道央南幹線130号」銘板…。
P1130325.JPG
「道央南幹線130号」結界…。
P1130326.JPG

「泉沢線59号」。
P1130329.JPG

「泉沢線」は、「苫小牧変電所」から千歳市泉沢地区「泉沢変電所」間を結ぶ187kv路線だが、
ほとんど「林野」を通るので追跡困難な路線の1つ。

「泉沢線59号」銘板…。
P1130327.JPG
「泉沢線59号」結界…。
P1130328.JPG

この先の「道央南幹線129号」以降は木に隠れて追跡できなかった…(^^;。
「泉沢線」は「60号」以降は追跡可能みたいだが、
「58号」から若番への追跡は困難を極めそう…(汗)。

このあと「一般道」に面する鉄塔となると、
「国道276号」沿いに建ってる「道央南幹線111号」となる。
(「泉沢線」の方は番号覚えてない…(^^;。)

ついでに撮った写真…。

こんなところに「電信柱」が…。
P1130331.JPG
「銘板」を見ると、「130号航空障害灯電源線」となっていた。
P1130330.JPG
つまり、「道央南幹線130号」についている「航空障害灯」に電気を供給する路線だったのである…。

さすがにここまで来る一般人は、おそらくぼくと「鉄塔ママさん」など、
ごく一部の「鉄塔ファン」しかいないだろうなぁ〜(滝汗)。
posted by くにさん at 07:52| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

珍しい形の「道央南幹線矩形鉄塔」その2

「道央南幹線矩形鉄塔」シリーズの続き…。

「道央南幹線148号」。
P1130305.JPG
「道央南幹線148号」銘板…。
P1130306.JPG
作業員向け標識…。
P1130307.JPG
P1130308.JPG
「道央南幹線148号」結界…。
P1130309.JPG

「道央南幹線147号」。
P1130310.JPG
「道央南幹線147号」銘板…。
P1130311.JPG
作業員向け標識…。
P1130312.JPG
P1130313.JPG
「道央南幹線147号」結界…。
P1130314.JPG

「道央南幹線146号」。
P1130182.JPG
「道央南幹線146号」銘板…。
P1130183.JPG
作業員向け標識…。
P1130184.JPG
P1130185.JPG
「道央南幹線146号」結界…。
P1130186.JPG

「道央南幹線145号」。
P1130315.JPG
「道央南幹線145号」銘板…。
P1130316.JPG
作業員向け標識…。
P1130317.JPG
P1130318.JPG
「道央南幹線145号」結界…。
P1130319.JPG

「道央南幹線144号」。
P1130187.JPG
「道央南幹線144号」銘板…。
P1130188.JPG
作業員向け標識…。
P1130189.JPG
P1130190.JPG
「道央南幹線144号」結界…。
P1130193.JPG
posted by くにさん at 21:51| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しい形の「道央南幹線矩形鉄塔」その1

いよいよ「道央南幹線」の「ハイライト区間」ともいえる、
「珍しい形の鉄塔」を数回に分けてアップします。

サーチエンジン等で調べたら、この形は「矩形鉄塔」といわれているそうで、
ぼくにとって「275kv2導体2回線矩形鉄塔」は生まれて初めてであった。
「道央南幹線矩形鉄塔」は、144号〜155号の12基あります。
場所は新千歳空港から苫小牧方向(苫小牧市植苗地区)で、
国道36号を苫小牧方向へ進み、「道央南幹線柵付き158号」と交差してから、
2つ目の信号を右へ曲がったところの市道へ入っていけばあります。
(ゴルフ場入り口の看板が目印)

「149〜155号」は市道からやや離れてるので、
「作業用通路出入口」を若干歩くことになるが、
「144〜148号」は市道沿いに建ってるので接近は容易です。
しかも全て「柵無し鉄塔」ですので、
「鉄塔ママさん」には絶対おすすめの場所でしょうね〜(笑)。

なお、今回は「153〜155号」は時間の都合上撮影を省略しているので、
「144〜152号」を紹介しようと思ってます。
(「144号」と「146号」は5月に撮影したものを紹介いたします。)

「道央南幹線152号」。
P1130285.JPG
「道央南幹線152号」銘板…。
P1130286.JPG
作業員向け標識…。
P1130287.JPG
P1130288.JPG
「道央南幹線152号」結界…。
P1130289.JPG

「道央南幹線151号」。
P1130290.JPG
「道央南幹線151号」銘板…。
P1130291.JPG
作業員向け標識…。
P1130292.JPG
P1130293.JPG
「道央南幹線151号」結界…。
P1130294.JPG

「道央南幹線150号」。
P1130295.JPG
「道央南幹線150号」銘板…。
P1130296.JPG
作業員向け標識…。
P1130297.JPG
P1130298.JPG
「道央南幹線150号」結界…。
P1130299.JPG

「道央南幹線149号」。
P1130300.JPG
「道央南幹線149号」銘板…。
P1130301.JPG
作業員向け標識…。
P1130302.JPG
P1130303.JPG
「道央南幹線149号」結界…。
P1130304.JPG
posted by くにさん at 10:02| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

海を渡る苫小牧火力線

今日は珍しい「海を渡る送電線・苫小牧火力線」ということで…。

「苫小牧火力線11号」
P1130205.JPG
「苫小牧火力線」は、苫小牧港にある「苫小牧共同火力発電所」から
「海」を渡って「苫小牧変電所」にたどり着く187kv路線です。

「苫小牧共同火力発電所」は、「北海道パワーエンジニアリング社」が所有、管理し、
「ほくでん」から「苫小牧火力発電所1号機」の運転委託を受けて運用されています。

参考情報:http://www.hpec.jp/powerplant.html

ちなみに同発電所は、「南早来変電所」へ至る「187kv勇払線」にも送電されています。

この「11号鉄塔」は、「海を渡る送電線」が、
「船舶」などにはっきりとわかるように、
対岸の「10号鉄塔」と共に「非常に高い紅白鉄塔」となっています。
(昨年「東電管轄内」で某社クレーン船が275kv送電線を引っ掛けて
首都圏をマヒさせた「関東大停電事件」があって、東電から
巨額の損害賠償が請求された事例があるだけに、このような事故の
無いよう海面から送電線の間が通常より非常に高くなっている。)

銘板…。
(高いところについていてうまく撮れなかった…(汗)。)
P1130206.JPG
紅白のコントラストがなんともいえない美しい「結界」…(*^^*)。
P1130207.JPG
対岸の「10号鉄塔」。
P1130208.JPG
目の前には「苫小牧港」が…。
P1130209.JPG

続いては、「国道36号」交差点付近にある、
「苫小牧火力線20号」・「苫小牧線47号」。

併走している「苫小牧線」は、(たぶん)「苫小牧変電所」から
「勇払変電所」へ至る66kv路線です。

左が「苫小牧線47号」、右が「苫小牧火力線20号」。
P1130198.JPG
「苫小牧火力線20号」銘板…。
P1130199.JPG
「苫小牧火力線20号」結界3連発(笑)…。
P1130200.JPG
P1130201.JPG
P1130202.JPG
「苫小牧線47号」銘板…。
P1130203.JPG
「苫小牧線47号」結界…。
P1130204.JPG
posted by くにさん at 06:40| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

道央南幹線・双葉幹線・室蘭東幹線3つ並び

今日は苫小牧市錦岡から道道141号(支笏湖方面の国道276号へ通じる道道)から
高速道・道央道苫小牧西ICから支笏湖方面へ進んだところの
山の上に建ってる鉄塔…。

「道央南幹線96号」
「双葉幹線35号」
「室蘭東幹線35号」


今回初登場の「双葉幹線」と「室蘭東幹線」。
いずれも187kv路線で「苫小牧変電所」を起点とし、
前者は「道央南幹線」と併走しながら喜茂別町「双葉変電所」へつながり、
後者は登別温泉近くを通り、室蘭方面の変電所へつながっています。

迫力満点の「幹線3つ並び」!!
左が「道央南幹線96号」、中が「双葉幹線35号」、右が「室蘭東幹線35号」。
P1130210.JPG
「道央南幹線96号」銘板…。
P1130211.JPG
「道央南幹線96号」結界…。
P1130212.JPG
「双葉幹線35号」銘板…。
P1130213.JPG
「双葉幹線35号」結界…。
P1130214.JPG
「室蘭東幹線35号」銘板…。
(高い所についていてうまく撮れなかったが…(汗)。
この鉄塔は昭和32年(1957年)に建てられた古い鉄塔の一つ。)
P1130215.JPG
「室蘭東幹線35号」結界…。
P1130216.JPG
「道央南幹線96号・双葉幹線35号・室蘭東幹線35号」から苫小牧方向へ通じる鉄塔を見渡す。
道央南は97号から老番、双葉・室蘭東は34号から若番へ…。
P1130217.JPG
「道央南幹線96号・双葉幹線35号・室蘭東幹線35号」から白老方向へ通じる鉄塔を見渡す。
道央南は95号から若番へ向かう…。
双葉・室蘭東は一旦下がって、道道沿いの各36号鉄塔を通って、
再び山の上の37号鉄塔から老番方向へと消えていく…。
P1130218.JPG

「双葉幹線36号」・「室蘭東幹線36号」

左が「双葉幹線36号」、右が「室蘭東幹線36号」。
P1130223.JPG
「双葉幹線36号」銘板…。
P1130219.JPG
「双葉幹線36号」結界…。
P1130220.JPG
「室蘭東幹線36号」銘板…。
P1130221.JPG
「室蘭東幹線36号」結界…。
P1130222.JPG

なお、「山の中」での「鉄塔探索」には、
絶対に「熊避け対策」は必要です!!
熊避け用の「鈴」や「笛」(できれば「熊避けスプレーも」)などを
必ず装着の事…。
熊の兆候(糞が落ちてる、足跡があるなど)があった場合は、
直ちに探索を中止のうえすぐに引き返す事。
現地では絶対にごみを捨てない、散らかさないで必ず持ち帰ること。
「山」での「鉄塔探索」は正直「命がけ」なので十分注意すること。
posted by くにさん at 21:00| 苫小牧・白老・登別・室蘭地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。