2007年07月25日

留産変電所

続いては…。
「留産変電所」。
P1130627.JPG
P1130626.JPG

「留産変電所」は「66kvほくでん尻別線」と
「66kv留産線」(倶知安方面の水力発電所が起点)の他に、
「66kvルスツ西線」(留寿都村から国道230号沿いの
「ルスツリゾート」方面へ供給)もつながっています。

なお「ルスツ西線」は「鉄柱」のみの路線です。

また「ほくでん尻別線」は、以前「豊平峡線」から分岐した
1回線路線(路線名不明)がつながっていたが、
現在はその1回線路線が廃線となっています。

「尻別線1号」。
P1130621.JPG
銘板…。
P1130623.JPG
結界…。
P1130624.JPG

「留産線85号最終鉄塔」。変電所内で接近不可。
P1130625.JPG
「国道276号」交差点前に建つ「留産線83号」。
これも「農地内」のため接近不可。
P1130620.JPG


posted by くにさん at 23:02| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

西双葉開閉所周辺

続いては、2005年より運用開始した新設の開閉所である「西双葉開閉所」と、
周辺の鉄塔等をUPします。

「西双葉開閉所」。
P1130603.JPG
P1130582.JPG
P1130588.JPG

「西双葉開閉所」は2005年より運開した275kv専用の開閉所で、
「安平町南早来変」へつながる「道央南幹線」、
「札幌市西区西野変」からの「道央西幹線」、
「北斗市大野変」へつながる「道南幹線」、
そして「泊村泊原発」からの「後志幹線」がつながっています。
このうち「後志幹線」部分は現在工事中で2007年10月開通予定となっています。

以前にも書いたが「道央西幹線」は、「道南幹線」の経路・区間変更に伴い「西野変」-「西双葉」間の一部区間の「改名」でできた路線。
「道南幹線」はこの「西双葉」が起点に変更、
隣の「双葉開閉所」(旧・双葉変)は「素通り」となった。

「道南幹線0-1号」。
P1130583.JPG
これが「道南幹線」の新しい「起点鉄塔」。

「道南幹線0-1号」銘板…。
P1130586.JPG
作業員向け標識…。
P1130584.JPG
P1130585.JPG
「道南幹線0-1号」結界…。
P1130587.JPG

「道央南幹線1号」
「道央西幹線113号最終鉄塔」
「後志幹線169号最終鉄塔」。


開閉所へ接続される各路線。
手前が「道央南幹線1号」、中が「道央西幹線113号」、奥が「後志幹線169号」。
P1130590.JPG
P1130591.JPG
「道央南幹線1号」銘板…。
P1130592.JPG
「道央南幹線1号」結界…。
P1130593.JPG
「道央西幹線113号」銘板…。
P1130594.JPG
「道央西幹線113号」結界…。
P1130595.JPG
「後志幹線169号」銘板…。
P1130597.JPG
「後志幹線169号」結界…。
P1130598.JPG

「後志幹線169号」だが、実はまだ「開閉所」に接続されていません。
P1130602.JPG
最上部の「避雷線」も「168号」-「169号」間はまだ片側しかついてません。
P1130601.JPG
現在工事中の「後志幹線」用の受電機器…。
P1130600.JPG
P1130599.JPG

裏山に建ってる鉄塔群…。

左が「室蘭西幹線」を跨ぐ「道央南幹線2号」で、右方向の「美笛峠」方面へ…。
右が中山峠方面からやってきた「室蘭西幹線155号」。
P1130589.JPG

左が「後志幹線168号」、右が「道央西幹線112号」。
いずれも「室蘭西幹線」とともに「中山峠」より下がったところから併走している。
P1130596.JPG

「開閉所」隣接の「室蘭西幹線156号」。
根元は「私有地」(農地)のため立ち入りできない…。
P1130604.JPG

「双葉開閉所」。
P1130608.JPG
P1130609.JPG

最初「変電所」かとずっと思ってたらいつの間にか「開閉所」になっていたとは…(汗)。
恐らく「275kv道南幹線」の経路変更による「素通り」の結果、
同構内が「187kv路線」のみとなったために
「改名」されたのではないかと思うが…。

同開閉所は187kvのみの設備で、
「室蘭西幹線」の経路地であるほか、
「苫小牧変電所」からの「双葉幹線」を結び、
さらに函館地区へ送られる「函館幹線」にも接続されています。

手前が「室蘭西幹線157号」、中が「双葉幹線179号最終鉄塔」、奥が「室蘭西幹線157-1号」。
いずれも「農地内」のため接近不可能。
P1130605.JPG
左が「双葉幹線179号最終鉄塔」、右が「室蘭西幹線157-1号」。
P1130606.JPG
「道南幹線0-4号」(農地内接近不可)。同線はこのあと「1号鉄塔」に接続される。
P1130610.JPG
左が「道南幹線1号」、右が「函館幹線1号」(いずれも農地内接近不可)。
両路線とも函館地区まで併走しています。
P1130607.JPG

今回の撮影に関して、「西双葉」周辺はまだ工事中で(関係者以外立入禁止の表示板あり)、
ほくでんグループ会社「北海電工」様等工事関係者が来ていたので、
許可を得た上で鉄塔・開閉所の撮影をしたのである。

今回、撮影許可をしていただきありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

くにさん
posted by くにさん at 22:09| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

登別温泉郷近くの登別線と壮瞥町内の丘の上の室蘭西幹線

今日は「登別温泉郷」地区等、登別地区に電気を供給している、「登別変電所」と「登別線」、
そして「オロフレ峠」経由で「壮瞥・大滝」方面へ走行中に見つけた
「室蘭西幹線」の画像をUPします。

「登別変電所」。
P1130558.JPG
こちらは「66kv登別線」がつながっているのみの小規模な変電所で、
「道道2号線」沿いにあります。
「登別線」は「登別市幌別地区」の変電所から来ている66kv路線です。
なお鉄塔は道道の裏手の林野にあります。

「登別線28号最終鉄塔」。
P1130565.JPG
P1130559.JPG
銘板…。
P1130560.JPG
結界…。
P1130561.JPG

「登別線27号」。
P1130562.JPG
銘板…。
P1130563.JPG
結界…。
P1130564.JPG

この後次の「26号」行こうと思ったが、急斜面を下りる形となり、
谷底には「登別川」が流れていて、「26号」は対岸にあるため行けず追跡を断念した(^^;。

それから本来の目的である「温泉銭湯さぎり湯」に行ってゆっくりと浸かり、
「道道2号線」を走行、「室蘭東幹線144号」→「オロフレ峠」→「室蘭西幹線222号」を経由して、
壮瞥町内の市道を抜けて、そこを横断する「室蘭西幹線」鉄塔を追跡。

「室蘭西幹線212号」。
P1130566.JPG
市道から少し上った丘の上にある鉄塔で、あまり人が入らない場所にあるので、
雑草等が高くて近づくのに苦労した(^^;。

銘板…。
P1130567.JPG
結界…。
P1130568.JPG
若番方向(双葉方向)を臨む…。
P1130569.JPG
この近辺は「枝番鉄塔」が存在していて、「211-1号」や「213-1号」も存在しています。
なお、となりの「211-1号」は、市道から急斜面を下った谷底に建ってるので追跡不能…(^^;。
posted by くにさん at 18:54| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

美笛峠・滝笛トンネルの上を通る道央南幹線&双葉幹線

「締め」は、「国道276号・美笛峠・滝笛トンネル」の上を通る、
「道央南幹線」&「双葉幹線」をUPします。

「美笛峠・滝笛トンネル」大滝側入口。
トンネルの上を「道央南幹線」&「双葉幹線」が通ってる。
P1130385.JPG
このトンネルは、「伊達市大滝区」と「千歳市」との境界線で、
反対側入口が「千歳市」となる。

「道央南幹線34号」・「双葉幹線132号」。

左が「双葉幹線132号」、右が「道央南幹線34号」
P1130386.JPG
「双葉幹線132号」銘板…。
P1130387.JPG
「双葉幹線132号」結界…。
P1130388.JPG
「道央南幹線34号」銘板…。
P1130389.JPG
「道央南幹線34号」結界…。
P1130390.JPG
「道央南幹線35・36号」と「双葉幹線131・130号」方面を眺める。
このあと山の中へ消えていく。ちなみに両路線は山の中で交差している。
P1130391.JPG

「道央南幹線33号」・「双葉幹線133号」。

左が「道央南幹線33号」、右が「双葉幹線133号」。
P1130392.JPG
「双葉幹線133号」銘板…。
P1130393.JPG
「双葉幹線133号」結界…。
P1130394.JPG
「道央南幹線33号」
P1130395.JPG
「道央南幹線33号」銘板…。
P1130396.JPG
「道央南幹線33号」結界…。
P1130397.JPG

このあと、奥の方で再び両路線が交差していく…。
posted by くにさん at 22:09| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

双葉幹線168号・室蘭西幹線222号

続いては、喜茂別町と伊達市大滝区(旧大滝村)の境界付近で、
大滝側の「国道276号」の坂の途中に建ってる、
「双葉幹線168号」。
P1130376.JPG

「尻別川」を渡って少し大滝方面へ行ったところにあります。
この付近は2005年まで「王子製紙」所有の「王子尻別線」の
鉄塔や鉄柱もありましたが残念ながら撤去済みです(><)。

銘板…。
P1130377.JPG
結界…。
P1130378.JPG
「のぼるのはやめましょう」標識…。
P1130379.JPG

「室蘭西幹線222号」。
P1130380.JPG

こちらは壮瞥(そうべつ)町にある「道道2号線」を「オロフレ峠・カルルス温泉・登別」方面に
行く途中の上り坂から少し丘を登ったところにあります。

銘板…。
P1130381.JPG
結界…。
P1130382.JPG
鉄塔には「奇妙な作業道具」が…。
もしかして作業員と電線を結びつける道具かも…?
鉄塔ママさん、ご存知でしょうか?
P1130383.JPG
「221号」方向を眺める…。
P1130384.JPG
posted by くにさん at 21:42| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年10月開通予定の新設「後志幹線」

昨日の続きです…。

今回UPするのは、今年(2007年)10月開通予定の新設路線「後志幹線」から…。

「後志幹線139号」。
P1130359.JPG

「後志(しりべし)幹線」は、泊村「泊原子力発電所」を起点にして、
京極町「京極水力発電所」からの電気も受けつつ、
喜茂別町「西双葉開閉所」に至る275kv路線で、
2007年10月に開通を予定しています。

当初、「泊原発」-「京極水発」間が「京極幹線」、
「京極水発」-「西双葉」間が「後志幹線」になる予定だったが、
「京極水発」の運用開始が2015年にずれ込むようで、
全区間通しで「後志幹線」となったようです。

参考情報
ほくでんHP「2007年度経営計画の概要」(PDF)。

この「139号」は「紅白鉄塔」で、
「国道230号・中山峠」を喜茂別側に下った所の国道沿線にあるが、
なにしろ高い丘の上に建っているので、作業用林道をある程度入って、
そこから徒歩で「139号」のある丘に上ったのである(^^;。

「後志幹線139号」銘板…。
P1130360.JPG
「後志幹線139号」結界…。
P1130361.JPG

「139号」根元から「国道230号」を眺める…。
P1130364.JPG
泊原発方向へ向けて…。隣の「138号」も高い所に建ってる…(^^;。
P1130362.JPG
西双葉方向へ向けて…。隣の「140号」も「紅白鉄塔」で高い所に建ってる…(^^;。
P1130363.JPG
この後、「国道230号」と「喜茂別川」をまたいで、
反対側の「141号」と「142号」へ追跡することになる…(^^;。

「140号」以降へ行くには、国道をさらに喜茂別方向へ進み、
左手の「ゴルフ場案内」の看板が見えたら、
ここが「林道」の入口になるので、この林道を入っていって、
「道なり」に進んで車で10分(徒歩30分以上)ほどの所に鉄塔群があります。
P1130374.JPG
喜茂別→札幌方向から見た林道入口。
P1130375.JPG

「140号」も見ようと思ったが、「分岐点」から入っていった140号行きの
林道の状態があまり良くない状態で、時間が無かったので探索を断念したのである…(><)。

「後志幹線141号」。
P1130365.JPG
「後志幹線141号」銘板…。
P1130366.JPG
「後志幹線141号」結界…。
P1130367.JPG
「のぼらないでください」標識…。
山の中の鉄塔では付いていないのが多いがここは珍しく付いている。
P1130368.JPG
この鉄塔の根元、なんと「急斜面」上に建っていて「結界」撮影が非常に苦労した…(^^;。
P1130369.JPG

「後志幹線142号」。
P1130370.JPG
「後志幹線142号」銘板…。
P1130371.JPG
「後志幹線142号」結界…。
P1130372.JPG
これも山の中の鉄塔では珍しく「のぼらないでください」標識が付いている。
P1130373.JPG
posted by くにさん at 10:05| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

中山峠付近の道央西幹線・室蘭西幹線

先日、休暇を利用してまた「鉄塔&温泉ツーリング」してきました(*^^*)。

まずは、札幌市(南区)と喜茂別町の境になる
「国道230号・中山峠」(喜茂別町側)の近くに建ってる、
「道央西幹線」・「室蘭西幹線」から…。

「室蘭西幹線116号」。
P1130348.JPG

「室蘭西幹線」は、札幌市北区にある河川「新川」沿いにある、
「西札幌変電所」を起点に、札幌市西区「西野変電所」を通り、
さらに喜茂別町「双葉変電所」を経由して室蘭地区の変電所へ運ばれる187kv路線です。
「西札幌変」-「西野変」間は「道央北幹線」と共架、
「西野変」からは「西小樽線」と共架となり、
定山渓方面の「山奥」で分岐したあと、
「道央西幹線」とほぼ併走する形となります。

この路線、後述の「道央西幹線」同様、
ほとんど「山岳地帯」を通るので追跡困難な路線です(^^;。

「116号」は「国道230号」沿い「中山大橋」付近に建っていて、
「室蘭西幹線」の中では容易に接近可能な数少ない鉄塔です。

銘板…。
P1130349.JPG
結界…。
P1130350.JPG

「116号」付近の林道入口には…。
「熊出没注意!!」の看板が…(^^;。
P1130351.JPG

以前にも書いたが、山の中の「鉄塔探索」では、
「熊避け対策」は絶対必要です!!
もちろん「鈴」と「笛」を装着して探索しました(^^;。

続いては中山峠から喜茂別側へ少し下ったところにある、
「道央西幹線」鉄塔の中から…。

「道央西幹線79号」。
P1130352.JPG

「道央西幹線」は、札幌市西区「西野変電所」-喜茂別町「西双葉開閉所」間を結ぶ275kv路線です。
この路線、もともとは「道南幹線」(開設当時は西野変-双葉変-大野町(現・北斗市)大野変)の
一部区間であったが、2005年に「西双葉開閉所」&「道央南幹線」新設に伴い、
経路箇所を「双葉変」から「西双葉」に変更(双葉変は素通り)し、
「道南幹線」は「西双葉」-「大野変」に短縮・変更し、
「西野変」-「西双葉」間が「道央西幹線」に改名されたもの。

参考情報
ほくでんHP「2005年度経営計画の概要」(PDF)。

銘板…。
P1130353.JPG
結界…。
P1130354.JPG

「道央西幹線81号」。
P1130355.JPG

この「81号」は、昨年から「紅白塗装」工事が行われて、
「82・83号」同様に今年から「紅白鉄塔」に衣替えしました。
「国道230号」沿いに建っており、比較的容易に接近可能ですが、
「湧き水」が出ている箇所があり、ぬかるんでいる場所もあるので「要長靴」です(^^;。

銘板…。
P1130356.JPG
結界…。
P1130357.JPG
posted by くにさん at 21:27| 喜茂別・壮瞥・伊達(大滝含む)・洞爺地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。